読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

選択するための考え方。(コメント返信)

さて、コメント返信です。 コメント返信に先立ち、相変わらずで申し訳ありませんが、直接のご連絡は遠慮させていただきます。また、ピンポイントな回答も同様に遠慮させていただきます。ご希望に沿えず、申し訳ありません。 長期間ブログをサボっていたため…

答えがないことも、答えのひとつ。という話。

いつものテンプレの前に、ひとつだけ回答をしておきます。このブログの「ひとつ目の記事」について、訂正、謝罪、削除を要求するコメントをいくつかいただいていますが、全てお断りいたします。ご希望に沿えず申し訳ありません。(あと、回答が遅れてすみま…

コメント返信

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

あなたが殺す理由も、必然もない。という話。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

「間」に働く想像力。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

ボダ被害の分類、対処法。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

コメント返信(境界性パーソナリティー障害の方へ)

このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向…

操作する、或いは操作されるということ

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

女子大生の女性が刺傷された事件について、私感。

今回もまたいつものテンプレートはありません。いつもの感じの記事は下書きからなかなか纏まらず、最近、更新ができていません。素直にすみません。なお、いただいたコメントは全て拝見させていただいています。皆さんのお悩み、心の整理、そしてご意見など…

「自死を仄めかす」行為への対処法(炎上さんの件)

いつものテンプレートはありません。書こうか書かまいか少し悩んでいたのですが、「それはいくらなんでもない」と思ったので書くことにしました。リスクをとってモノ書きをなさっている方が死ぬ死ぬ詐欺で炎上?した件です。お名前は出したくないので仮名と…

境界性人格障害者との関係について「決断する」ために。

いつものテンプレートの前に。この記事を書いている現在、熊本を中心とした九州地方で大きな地震が頻発しています。被災された皆さんには心からのお見舞いを申し上げます。避難も長期になりつつあり、不安な日々を過ごされているかと思いますが、私自身過去…

新生活でボダ被害に遭わないために

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

自分を大切にする。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

コメント返信

今回はコメント返信ですから、いつものテンプレートはありません。代わりに、コメント返信においてのテンプレートめいたものとなりますが、メール電話などの直接のコンタクトは、変わらず一律お断りとさせていただいています。ご要望にお応えできず申し訳あ…

ゲーム機を破壊した音楽家さんの話

今回は雑談なのでテンプレはありません。とある音楽家の女性が子どものゲーム機を壊した、という話題について書こうと思います。(詳細についてはリンクは例によって貼らないので、各位検索で探してください)さて、それではあまりに不親切なので、概要を箇…

過剰な罪悪感について

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

コメント返信

コメント返信です。先ずは大事なことから。このブログを読んで、ご自身がBPDではないかと考えた、と書かれた方へ。そして同時に、このブログをお読み下さってる皆様へ。このブログは決して何かしらの診断をするためのものではありません。あなたが、或いはあ…

周りの人への対応方法

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

「死にたい」と言われたら。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

主語の肥大化、という話し方。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

(雑談)ボダ気質だと私が考えた理由、及び少しのコメント返信

今回はいつものテンプレートはありません。とある俳優一家の息子さんが年下の方と再婚をされたというニュースを見て、そういや離婚した元結婚相手の方はこれまた凄まじいボダ気質の方だったなぁ、などと懐かしく思い出したので、そんな話題です。念のため、…

あなたが境界性人格障害者に付き合わなくていい理由、対処法

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

被害のその後、ボダはあなたのことを考えているか。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

境界性人格障害者と、長話。あなたが会話を打ちきれない理由。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

「穏便に」が足枷になる理由

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

コメント返信

コメント返信です。 何度も何度も繰り返しで恐縮ですが、メールでのご連絡には応じられません。 また、個別のご相談には、ふたつの理由でお応えはできません。ひとつは、私は士業などの専門家ではないため。ふたつめは、私はまったく一方向から聞きかじりを…

自分の意思を表すことの大切さ

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

被害者に寄り添い、巻き込まれていた方へ

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

被害から逃げた時に起こること

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

(雑談)大阪市の住民投票に思うこと

今回は単なる余談ですが、「物事を分析するには色んな情報を自分の頭で判断する必要がある」ということについてよい事例だと思うので、記事として挙げてみようと思います。 当たり前のことながら、念押しとして前提を記します。今回の話は全く境界性パーソナ…

嘘を簡単に膨らませる「実は」という展開

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

いくつかに分けたコメント返信(3)

今回もテンプレートはありません。この記事でコメント返信は一段落します。 あと、思いの外忙しく、さっと済ませるつもりが少し間が空いてしまいました。ご心配のコメントありがとうございます。 本題に入る前の軽い返信です。 くどいようですが、メールなど…

いくつかに分けたコメント返信(2)

今回もテンプレートはありません。 親子関係のご質問をされる方も、また多くいらっしゃいます。大雑把にまとめると、このような概要です。 ・親(実親だけではなく)がボダっぽい方 ・パートナーがボダっぽく、子どもを守らなくてはと考えてる方 ですので、…

いくつかに分けたコメント返信(1)

今回はいつものテンプレートはありません。何回かに渡ってコメント返信をしようと思います。 まだ学生、生徒な年代の方から、どうしたらよいでしょうというご相談メールをいただきました。ひとつではなく、いくつもです。直接の返答はできませんが、今までの…

回避する思考、可能性の徹底排除。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

演技お断りの意思。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

記憶の部分的な消去と自己都合の優先。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

軽いコメント返信

今回はテンプレはありません。 ひとつめ。 メールで話がしたい系は、一律お断りとさせていただきます。ご了承下さい。 ふたつめ。 このサイトに辿り着かれる方々の中で、病名をカミングアウトされて、調べ始める方は、恐らく少数派です。 (家族などではない…

境界性人格障害の境界線と、それを判断する必要性について。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

パーソナリティ障害について私感

このブログは通常、境界性パーソナリティの特徴について私感を述べ、なおかつその被害に遭われている方、或いは遭われていた方に向けて書いているものです。 今回は、そもそもパーソナリティ障害というものをどのように捉えたらよいのか、全くの専門家ではな…

大正大学の全裸事件について

いつものテンプレートではない形で、今回は記事を始めます。 まず最初に、重要な注意です。 今回の記事における「学生」或いは「彼女」が、境界性パーソナリティ障害であるという確定した情報はどこにもなく、また私も「学生」或いは「彼女」が何かしらの病…

境界性人格障害者と「契約」

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

境界性人格障害者の「ごめんなさい」

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

もしかしたら、と希望を捨てずに苦しんでいる方に

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

ボダが一番嫌がる状態「無関心」、そして無関心がもたらすもの

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

境界性人格障害者が作る閉鎖的関係

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

被害者がしてしまう、解決できない相談の理由

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

境界性人格障害者との決別、べし・べからず。

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

コメントへぼんやりではない返信

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…

境界性人格障害者は何故被害者を振り回すのか

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われてい…