読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

操作する、或いは操作されるということ

境界性人格障害

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、自分を境界性人格障害ではないかと考えている人、そして回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。

 

さて、久しぶりの更新です。
まずは皆様、コメントをありがとうございます。全て読ませていただいています。

 

距離を置こう、縁を切ろう、そう決めた時がおそらく一番精神力が必要です。ですが、どうぞ今一度、ご自身に問いを投げてみてください。
あなたが今までどれほど振り回され、混乱し、凌ぎ、耐えてきたか。それはあなたが今日をなんとか過ごすための行動だったはずですが、今のあなたは今日だけではない、あなたの人生のために頑張ろうとしています。
例え一度は上手くいかないのだとしても、自分のために動けたことをどうぞ「よくやった」と思ってください。その積み重ねがあなたの未来を拓くと、私は思います。よく頑張りました、きっとあなたの未来は良くなります。

 

あと、私が固執しているとすれば、被害を受けている方へ何かメッセージを送りたい、ということかもしれません。
特にボダに固執してませんし、無論、卑下もしません。それどころか、根本的にはボダに関心がないのだと思います。ただ、境界性パーソナリティー障害の方がもし戦わなくてはいけない相手がいるのだとすれば、それはご自身ではないかと思います。決して私ではありませんし、もちろんタゲでもありません。(さらに、実のところ、自分と戦うことは全ての人に必要だとも思っています。)


では、記事の本題に入りましょう。

 

ボダに限った話ではありません。世の中には他人を操作しようとする人たちがいます。例えば一度に大量の人の心を掴んで操作できる人は「煽動家」などと呼ばれたりします。
小規模にしろ大規模にしろ、他人を操りたい、従わせたいと考える理由は様々でしょうが、その中のひとつとして「自身の何かしら欲求を満たしたい」という動機はあると思います。

 

ボダもまた、タゲは元より、自分の周囲を誘導し操ることで、自身の何かしら欲求を満たそうとすることがあります。ただ、どちらかというとお山の大将を目指すような理由ではなく、自分がその空間に居る理由や価値を求めてのことのように思えます。

 

ところで、人を自分の思う方向に動かすにはどのような手段があるでしょうか。

 

一番物理的かつシンプルなのは、暴力です。殴る蹴るはもちろんのこと、親が子どもに食事を与えないなど、生殺与奪のレベルまでいけば、だいたい操ることができます。
ですが、ボダはこんなことはしません。大抵しませんし、するとしたらそれはボダ(だけ)ではないのでは?と言えるほど、確率は低いように思います。

 

では、他の方法はなんでしょうか。

 

それは、精神的なものです。
このブログでも沢山書いてきましたが、肉体的暴力よりも言葉による暴力であり、精神的にダメージを与えることであり、或いは罪悪感や恐怖心を感じさせるような性質のものです。

 

例えば、「お前を殺してやる」よりは、「私が今から死んでやる」「お前の大事な人を攻撃してやる」です。(これは、twitterでとある方からもご指摘をいただきました。)
例えば、「あなたのせい」であったり、「あなたが私の言う通りにしないから」であったりもします。自発的に禁止行為や自制項目を増やして、逃げ場をどんどんと無くしていきます。
例えば、暴れるとしてもそれは自傷方向へ向きますし、そうでなければ周囲からあなたへの評価を落とすような方向でしょう。
例えば、自棄になったかと思えば自分の評価を堅持することを目指したり、ついでにあなたの悪評を流します。

 

これらのもたらすものは、「基本的にあなたには操作不能」であり、「大抵はあなたのせいではない」ものであり、または「あなたのせいだとしても報いとしては大きすぎる」ものです。

 

その結果は過去に書いた「解決できない相談」をする状態になりますし、混乱や困惑も抱え込むことになります。気がつけば地雷原で恐る恐る歩いているような心境にもなるでしょう。そして、「周囲からは全く理解を得られないまま」「あなたはなぜか必死にボダの機嫌をとる」状態になっているのです。つまり、操作されているのです。あなたも、もしかしたら、ボダの周りも。

 

その状態に陥ると、大抵は「その状態が異常だ」とは感じながらも、「陥っている」とは考えません。
なぜなら、何度も書きますが、あなたが最初の頃に感じていたように、ボダはあなたにとってとても「良い相手」だったからです。友人として、或いは恋人、パートナーとして。


そしてそのイメージのままつきあっている周囲の人たちからは、あなたの被害は見えません。
見えないし、信じられないものでもあります。

 

もしもあなたが「今のまま」なんとかしようと考えるなら、それを私は不可能だとは思いませんが、非常に精神力が必要だと言うことは承知しておく必要があるでしょう。
根気よくボダの「一線を越えようとしてくる」様々な要求をきちんと断り続けなくてはいけませんし、それを続けていると要求から攻撃へと変化していきます。
あなたがもし耐えきれなくなり、感情を爆発させる、或いは縁を切る行動に出ようものなら、怒りながら脅したり、泣きながら泣き落としたりもしてきますが、そこでも引き下がらない根気が必要です。
そして、その過程であなたになんの庇護もないとしても、理不尽な仕打ちや謂れのない周囲の評価、または引き止めに晒されます。それでもあなたは根気よく対応し続けなくてはいけません。

それが、普通にできる人はいます。ですが、そんな人はそもそもボダ被害には遭いません。
タゲに適していないからです。
あなたはタゲになった。そこにあなたのなんら過失がないとしても、タゲになった。
その差は常に心得ておいてください。その差が、あなたがこんなにも精神力を費やさなくてはならない理由です。

 

でも、根気さえ続けば、あなたはいずれ(穏やかであることは保証できませんが)タゲではなくなります。見限られるような感じで。

 

うんざりだ、「今のまま」でなくてもいい、それならば逃げるのが最善です。そして、私としては最善手を勧めます。


さて、話がそれました。

 

操作、について話を戻しましょう。操作には、その規模ややり方に関わらず、成功するためには暗黙のルールが存在します。
それは、操作される側が、操作されることです。…このような書き方をすると「当たり前」なのですが、操作される側が「操作された結果の行為を行う」行為を取らなければ、操作はされないのです。
大雑把な例えですが、ヒトラーは演説をしたから独裁者になったわけではありません。演説を聞いた結果「支持者」が増えたから独裁者になれてしまったわけです。
つまり、あなたはボダが不機嫌になろうが、空気を読めと暗に言われようが、そこに地雷があろうが、「あなたの意志」を尊重すれば、操作はとても成功率が下がるのです。

 

被害に遭っているあなたの周りには、あなたの意志を阻害する様々な要因があります。「ボダが怒るから、暴れるから」という、本当に原始的でつまらない理由から、あなた自身を脅かすような重篤な理由まで。
でも、知ってください。
あなたは既にじゅうぶん、手詰まりです。毎日やり過ごしていればいるほど、手詰まりです。
手詰まりなんだから、どうぞあなたのために動きましょう。もう、あなたがあなたの味方をしてもいいではありませんか。


最後に。
東京都知事の小物感は限りなく、そして水の不足も現状限りなく。
雨が降ると外出の足回りには困りますが、降らないのはもっと困りますね。水不足が解消するといいですが。

どうぞ、毎日いっぱいいっぱいの中でも、周りに目を向け、少しでも自分の時間を持ちましょう。