読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

境界性人格障害者が作る閉鎖的関係

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。読まずに他のサイトへ移動してください。

本題に入る前に、コメントへのぼんやりとした返信です。

「逃げる」という選択肢ですら危ないことが多い、というコメントをいただきました。実にごもっともです。実際にベストなのは出会わないで済むことだと、私もまた考えています。
被害に遭われた方々も、少なからず出会ったこと、関係を築いてしまったことを悔いて嘆いている場合が多いように思います。私も被害から逃れて最初に思ったことは「出会う前に戻りたい」でした。

出会わない、傷を受ける前に避ける、これは間違いなくベストです。
ですが、被害を受けてしまった場合は、やはり逃げることがベストな選択だと思います。もちろん、やすやす逃げられない可能性は高いですが、物理的あるいは可視できる被害ばかりを気にしてしまい精神的な損害を耐え続けることは、やはり取り返しのつかない結果を招いてしまうのでは、と思うのです。

あと、別のコメントへの返信になりますが、被害から逃げた後、他者に対して不信感を抱えてしまうことも、あなたがあなたの価値観、判断力という物差しを戻しきれていないのだと思います。つまり、他者への不信感もまたボダによってもたらされた歪みのひとつです。
経験的には時間薬だとも思いますし、全くの第三者に話すことで楽になるかもしれません。その意味で心療内科やカウンセラーにかかる選択肢も、もちろんありです。あなたにとっての良い・悪いは、すべてあなたの中にありますので、ゆっくり考えていきましょう。
些細なことも含めて、自分で自身のために決断をすることも回復のための道筋だと思います。

が、ひとつ何か言葉をかけるとしたら、物理的な怪我のようにパッと見てわかりはしませんが、精神的なダメージだって癒えるまでには時間がかかるものだと思います。なまじ、身体の怪我と違って日常生活に不都合がないだけについ焦りがちになりますが、時間はかかるのだと思ってください。でも、延々と苦しみが続いたりはしません、大丈夫ですよ。

さて、本題です。

ボダを避けるにあたり大切なことは、ボダのペースに巻き込まれないことです。
ペースに巻き込まれるということは、ボダの得意なパターンに持ち込まれるということです。
では、得意なパターンとはなんなのでしょうか。今回はこれについて書いていきます。

結論から書きます。
ボダがもっとも得意とするシチュエーション、それは「より閉鎖的である」ことです。
閉鎖的、つまり関わる人数は少なめがよく、情報は機密的である方がよいということです。
端的に書けば、人を操作するということは(基本的には誰にとっても)大変なことなので、できれば数を絞り込みたいのです。

人を操るには、おおよそふたつの手法があると私は思います。ひとつは大規模に熱狂的な(または狂気的な)空気を作る方法。アジテーターはこの才能に長けているでしょう。もうひとつは、封鎖的な空間を作って情報を握る方法。いわゆるカルト的な方法であり、例えば教室内で発生するイジメもこの類です。

アジテーターになるには大変でも、後者の方法は割と楽です。人を操作する方法としては普遍的でもあります。ですから、当たり前にほとんどのボダは後者の方法を採ります。

情報を思いのままにするには、なるべく情報を拡散させないことです。できれば小規模な範囲でなお細かく分断させて、その全てを把握するべきでしょう。
究極的には、小規模なグループを、ボダを中心に1:1で情報が存在する状況に持ち込めればベストです。

ここから見えてくること。
それは、そのベストな状況をつくるために一番安易な方法です。つまり、「あなたと私だけの秘密」を作るのです。ボダは、短期でこの状況を作ろうとします。

では、短期でこの状況を作るにはどうしたらよいでしょうか。「ここだけの話」というのは往々にして簡単に漏れてしまいます。漏らさないためには、話すことに罪悪感を持たせるか、或いは話せない理由を作ればいいのです。

罪悪感を持たせるにはどうしたらよいでしょうか。
簡単なのは、安易に話せない、ボダの名誉に関わりそうな話をつくって伝えることです。あなたがそれを他者に話すことは、あなたの人としての資質が問われそうな内容にすればいいのです。具体例は…散々挙げてきたので省略しましょう。

もうひとつ、話せない理由をつくる方法として、あなたの弱みを突くのが簡単でしょう。
例えばあなたはボダと不倫などの不貞な関係であり、公にはできない。
例えばあなたはボダよりも上の立場、上司であり先輩であったりして、見捨てることは非道である。
このようなわかりやすいものもありますし、一方では
例えばあなたがボダと交友関係を切ることは周りの評価に傷がつく。
例えばあなたはボダを見捨てることは、あなたの名誉に関わる。
例えばあなたがボダと縁を切ることにより、あなたにとって大切な第三者が被害を受ける。
このように、心理的な部分を突いてくることもあります。

さて、これらを逆に考えると、こんな考え方ができます。

つまり、なんの明快な理由もなく、実に短期的にあなたとクローズドな関係を持とうとする相手には、警戒をするべきなのです。
まるであなたと長年のつきあいがあるかのように、突然秘密話を打ち明けてくるような相手には、警戒をするべきなのです。
たいしてあなたのことを知りもしないのに、まるでとうとう巡り会えた運命の相手であるかのような親しげな態度を見せてくる相手には、警戒をするべきなのです。
あなたの発言にすべて迎合的な態度を見せ、同意してきて、さらにはあなた自身すらおかしいと思う位賞賛を投げつけてくる相手には、警戒をするべきなのです。

さらに裏返して考えます。
少し大雑把な言い方ですが、このようなクローズドな関係を崩すと、ボダとの関係は(穏便ではないでしょうが)ほぼ終息します。
関係の崩し方は、必ずしも「オープンにする」ではありません。クローズドであっても断絶すれば終息です。それが逃げることであり、拒絶し、拒否するということです。越えさせない線を引いてしまうということです。
蓋を開ければ、ボダはクローズドでなくなればなくなるほど、被害者を捕まえ続ける手がなくなります。そして、重ねたウソがどんどんと明らかになって、遅かれ早かれ自滅します。


このように、書けば簡単ですが、実際には被害者本人に大変心労がかかります。しかし、やらなくても結局心労が減ったり回避できるわけではありません。
どうせなら、あなたは自分のために労力を費やしましょう。
あなたはあなたのために頑張るのです。

最後に。

再びコメントへのぼんやりとした返信になりますが、被害者の周囲で被害者のことを心配をされている方からも、最近コメントをいただきます。
どうぞ、ボダに対峙しようとは思わずにいてください。あなたも危険に晒されますし、そもそも時間の無駄です。
また、被害者の方に対して「なんで避けないんだろう、断らないんだろう、縁を切らないんだろう」と何度も思われているかと思います。
そして、どんな形になれど最後には本人がなんとかしなくてはいけませんし、その道のりでは、きっと歯痒く思われる場面も多いでしょう。
でも、できれば問い詰めず、歯痒くても味方でいてくださると、被害者にとって頑張るための心の支えになると思います。

被害者の方が少しでも早く自分の生活を取り戻せるように、被害者を大事だと思う皆さんも平穏な生活になれますように、祈ります。