読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

コメント返信

コメント返信

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、自分を境界性人格障害ではないかと考えている人、そして回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。


今回はコメント返信です。
さっそく始めたいと思います。


まず、文章の長短は(システムの制約を除いて)どうぞ、お気になさらずにいてください。いただいたコメントは必ず最後まで読んでいます。感謝のお言葉には恐縮です。同時に、ほんの少しでも「思考の整理」や「心の安心」のお手伝いができるなら、これ以上このブログとして冥利に尽きるものはありません。


皆さんから頂いたコメントを読んでいくと、やはりパートナー(恋愛含めて)との関係の中で被害を受けている方が多めです。そして、皆さんが逃げると決めていらっしゃるわけではなく、少なからず「一緒に向き合いたい」という方もいらっしゃいます。
勿論、私は逃げる方向をお勧めしているのですが、一緒に歩む道を選ぶこともまたご決断で、それは尊重されるべきだと考えています。
ただし、逃げるにしろ寄り添うにしろ、必ずしてはいけないこととして、「ブレる」「変節する」ことはしてはいけません。それは境界性パーソナリティ障害の方にとって一番の混乱と不安定をもたらします。逃げると決めたら、どれだけ非道なことをしてきても、逆に全力で懐柔してしても、逃げる。寄り添うなら、その逆です。
さらに寄り添う方であれば、もうひとつ、「最も優先するべきなのはあなたご自身の生活である」ということはどうぞ、忘れずにいてください。あなたがすべてを投げ打ってしまうと、その先にあるのは「エスカレートして叶えられなくなる要求」であり、破綻してしまうからです。破綻をすれば変節せざるを得なくなるのです。

いずれの道を選ぶとしても、良き結果が訪れることを願います。


コメントの全てがパートナー絡みでは勿論なく、職場で、学校で、近隣関係でお困りの方もいらっしゃいます。
学校は逃げられないし、職場も易々とは放棄できないし、ご近所付き合いも手軽に引っ越しという訳にもいきません。
もし逃げられない場合は「しっかりと垣根を作る」事が肝要です。精神力を使いますから、疲れることしきりかと思いますが、世間体より評価より「ご自身」をしっかりと優先して下さい。やはりブレずに「ダメなものはダメ」をきっちり何度でも伝えることです。そんなことわかってるよ!と自分でもツッコミ入れてしまうほどくどいですが、「ブレることなく」「ノーを伝える」事は本当に大事です。
なお、職場関係に限ると、ボダ本人からの攻撃もさることながら、実のところ「環境を変えようとするとなんだかんだと理由をつけて先延ばしにされる」というのも残念ながらよくあることです。そして、ボダ被害に遭う人はその「なんだかんだ」を止むなしと受け入れる事が多いですが、あなたが本格的に病む前にあなたは強く環境を変えることを主張するべきです。
「いやいや、そんなことしたらクビになる」と思うかもしれませんが、病んだらどのみち仕事どころではなくなって、辞めるしかなくなります。どちらかというと、間違いなく病まない方をお勧めします。どうぞ、あなたはあなたの為に。踏ん張りどころです。


そして、最後に。
詳細には書きませんが、「勝手な置物」についてアドバイスを求められた方。置物については、あなたがお考えになった二つの案を比較すれば後者かと思います。ついでに被害についても相談をするべきです。
ですが、それよりも先に私は強く引っ越しをお勧めします。素直に素人意見を述べさせていただくなら、その相手の人に居場所を掴まれていることは非常に危険に感じました。(危険に思えたので遅ればせながら返答は具体的に書きました。)
ご参考になれば。


次回は普通の記事です。