読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

コメント返信

今回はコメント返信ですから、いつものテンプレートはありません。

代わりに、コメント返信においてのテンプレートめいたものとなりますが、メール電話などの直接のコンタクトは、変わらず一律お断りとさせていただいています。ご要望にお応えできず申し訳ありません。

また、具体的なご相談にも明快に回答を差し上げることはできません。その理由は(繰り返しとなり恐縮ですが)私が得られる情報はコメントをされた方からの視点のみであり、関わりのない第三者として語るにも不十分であると考えているため、そして私は専門家ではないためです。こちらも、ご了承ください。

コメントを多々いただいています。
まずはお礼を。ありがとうございます。


最初に。ご自身がBPDであるとコメントを下さった方へ。このサイトはとても辛辣に思われたかと思います。
あなたもまた、既にご自身に向き合われ始めているのかもしれません。どうぞ、ご自身を最期まで見捨てない(見捨てられない、かもしれません)のはご自身です。長く辛い時間は続くかもしれませんが、あなたがいつか穏やかな時間を過ごせるように願っています。


ご意見もいただきました。
恐らく、私が書いた最初の記事(ボダからは逃げるべきだ、と主張しています)について、要約をすれば「境界性パーソナリティ障害イコール嘘つきだと勘違いされる」というご指摘、この記事によって「周りの人に逃げられた時に、もし死んでしまったら責任は取れるのか」というご質問、そして「(恐らく嘘について触れている部分について)注釈を入れて欲しい」というご要望の内容になっています。

結論から申し上げると、過去の記事については訂正をする予定はありません。ご要望を叶えられず申し訳ありません。
周りの人が離れていくことがあるのなら、それは必ず嘘だけが原因ではありません。このブログを直すのではなく、ご本人が自分に向き合いご自身を見直し、必要に応じて治すことを考えるべきでしょう。このブログに責任転嫁をして死ぬなどということはしてはいけませんし、そのような責任転嫁をされて、何かしらを負うことには全く応じられません。
もちろん、このブログは絶対的な正解を書いているわけではありません。(これはインターネット上の多くのコンテンツと同様です。)
ですから、もしよろしければご自身の思うことを思うままに主張する場をご自身で構築してください。それは誰かを助けられるものになるかもしれません。
ご意見、ありがとうございました。


さて、ご親族、特に近しい方に悩まされているという方も多くいらっしゃいます。その多くの方々は「逃げるという手を取れない」という状況にいらっしゃいます。
止むを得ず逃げられない場合は、という記事を過去に書かせていただきました。あなたにとって、「打ち切る」「拒否をする」はとてもハードルが高いことかもしれませんが、それはご自身のためにしなくてはいけないものです。
だいぶ混乱をしている様子の方もいらっしゃいますから、まずはご自身の周りのことの整理をするために文章を書いてみる、そのための時間をご自身のために確保する、そういうことから少しずつ始めてみると良いかもしれません。
頭の整理がつかない状況では、強い意志を示すこともままなりません。
ですが。あなたは一度、このブログに対してコメントをくださいました。つまり、それはあなたのために行動ができたという証左です。コメントするのも恐らく大変だったろうとお察しします。でも、あなたはひとつ「自分のために動けたのだ」とご自身を認め、褒めてください。よく、頑張られました!もっと、次にはもっと動けます。信じて、進みましょう。あなたのための頑張りどきです。


逃げたら何をされるか不安で仕方がない、とお考えの方。そのお気持ちは強くお察しします。
が、だから逃げて良いか、踏みとどまるべきか、それは残念ながら掻い摘んで話を聞いた程度の私ではおこたえすることはできません。
ただ、その考えをどうぞ、身近で信頼の置ける方に相談なさってください。決してひとりで抱え込んではいけません。よく周りを見て、あなたの周りを見て。どうかあなたが良い決断だと思える決断をできるように、願います。


心の整理をしている最中の皆様へ。
長くに渡って被害を受けていると、整理をする量もまた膨大でしょう。
あなたは頑張られた。結果、今は過去に対する様々な思いが未整理になっている。
先ずはそれでも、ご自身の人生を切り拓こうと頑張ったご自身への労いを。嫌なことは嫌だったし、悲しかったことは悲しかった。虚しいことは虚しかったし、傷つけられたのなら痛くて当たり前です。その当たり前を認めて、重ねて、もはやその状況から逃げられたご自身を褒めてください。
そして、どうぞ時間をかけても整理をつけて、あなたの未来が大きく広がる事を願います。


最後に、このブログを見て決心がついた、逃げられた、などのお礼も変わらず数多いただいています。過分なお言葉をいただき、ありがとうございます。
ですが、決心をして行動に移したのはご自身です。どうぞ、私にいただいた言葉以上、ご自身を褒めてください。すべてあなたの力です。もちろん、そのきっかけになれたのだとしたら、私も嬉しく思います。
あなたがこれからご自身を大事に、穏やかで良い未来が拓けることを祈ります。


あちこちで春一番が吹いているとはいえ、気候はまだまだ三寒四温の途中です。そして、インフルエンザなども流行しています。皆様、どうぞご自愛ください。