読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

コメント返信

コメント返信です。

先ずは大事なことから。
このブログを読んで、ご自身がBPDではないかと考えた、と書かれた方へ。そして同時に、このブログをお読み下さってる皆様へ。
このブログは決して何かしらの診断をするためのものではありません。あなたが、或いはあなたの周りの誰かが、このブログに書かれた行動に近しいことをどれほどしていたのだとしても、それを理由に「BPDである」と断定してはいけません。BPDかどうかは、専門的な診断に基づいて判断されるべきだというのが、私の立場であり見解です。
つまり、ご自身がBPDかもしれないと考えられたのであれば、先ずは専門医などにご相談ください。私はあなたの書かれたことについて肯定も否定もしません。賛成も反対もしません。あなたの抱えている問題が解決することだけを願います。

そしてコメント返信のある種のテンプレートです。メールや電話などを含めて、直接のご連絡は一律お断りとさせていただきます。ご了承ください。
然しながら、不愉快に感じるためではありません。個々にお相手をする時間が取れないことも理由のひとつですが、一番はやはり専門的な知識をきちんと学んだ方に頼るべきだと考えているからです。また、ご了承の返信をくださってありがとうございます。


渦中にあってお読みいただき、被害から免れてコメントを下さった皆さん。
全てあなたの意志の力だと思います。被害を退けられたこと、まずはお喜び申し上げます。そして、過分なお礼をいただきまして、ありがとうございます。
少なくない皆さんが、渦中にあるときはとてもコメントなんかできなかった、と書かれています。ごもっともな事だと思います。そしてコメントを頂けたということは、その状況からともあれ逃げられたと感じ、私はそれを喜ばしいと思っています。
今後、皆さんが自身の整理をするためにコメントを下さることは勿論歓迎いたします。そして、いつかコメントを書かなくても良くなることを願います。どうぞ、良い未来へ向かって歩いて行かれますように。


一方で、渦中にあってコメントを下さる皆さん。勿論、コメントを歓迎いたします。ピンポイントに回答を差し上げられなくてすみません。が、あなたが心を整理して、ボダ以外の本当に大切なもの、あなた自身やあなたを大切にしてくれる周りの人を守りたいと思う気持ちを育てることは、被害から逃げるための力になります。必ずなります。
人間が恐怖を覚える時には、原因は幾つかあると思いますが、そのひとつは「理解ができない状況、理解が追いつかない状況」だと思います。何が起こるか解らないというのは、本能的に怖いものです。ボダ被害に苛まれる時に、この恐怖はセットで存在します。そして回避をするために必死になります。
その必死さは、大抵はボダに注がれます。機嫌を損ねない、逆鱗に触れない、地雷を踏まない。こんな表現なら解りやすいかもしれません。ですが、被害を退けるためには、本来はその力を自分のために行使しなくてはいけません。そのためには、自分が今どんな状況に置かれてるかを理解しなくてはいけない。あなたが何に困って、何をすべきかを判断するための材料を整理しなくてはいけないということです。
そのために、あなたはあなたの為に時間を使うことをしなくてはいけません。整理をするというのもそのひとつです。
心折れそうな毎日だからこそ、自分の為にこそ頑張るということを、どうか大事になさってください。あなたが少しでも早く落ち着けることを願います。


そして、ボダとの縁切りについて、踏み出すことを躊躇している皆さんへ。お気持ちはわかります。このブログでは散々に書いているボダですが、元々は良い関係で、できることならなんとかしたい、そう思える相手である、と考える方も少なくないでしょう。どうしても踏み出すことができない、情があればこう考えても全くおかしくありません。

迷われてる方々の「どう考えたらいいのか」という問いに対しては、別の視点からの考え方を提示します。

私は記事のあちこちに、「被害者がある限り、ボダは加害者であり続ける」という事を書いています。境界性パーソナリティー障害は趣味趣向ではありません。ボダも道楽で周りに被害を与えているわけではありません。
被害を防ぐには本人がまずは自分に向き合わなくてはなりませんが、それは大前提としても、周りもまた対応が必要です。お互いの領分を曖昧にするような対応は、加害と被害を生み出します。
これを突き詰めると、あなたが被害を自覚しているのなら、あなたは被害者であり、同時に被害を生み出す加担をしている、とも言えるのです。線引きをできないあなたが、契約を履行させることができないあなたが、ボダの側にいるということは、ボダがいつまでもボダであり続ける可能性を作り続ける行為です。

つまり平たく言うなら、あなたではだめなのです。私がかつて、私ではだめだったように。
自分を守れないなら、ボダからは離れるべきだ、ボダにとってもタゲにとっても。私はそう考えています。

もちろん、最終的にはあなた自身の選択になります。このブログを読んでも、支える事を選ぶ人はいます。私はそれも選択肢だと思います。(唯一選ぶべきでないと明言できる選択肢があるとすれば、「曖昧を目指す」ことです。最悪の選択です。)どちらでも、あなたは信念を持って自身のために選んでください。いずれにせよ、あなたがやはり良いと思える人生を歩まれることを願います。


最後に。
このブログを読んでご自身が疑問に思われていたことがすっきりした、というお言葉も、とても嬉しく思います。しかしながら、抱え続けてきたのはそれぞれ皆さん自身です。どうぞ、抱えていた自分を労われますように。そして、どうぞ手放して、新しく良い物を抱えてください。前向きに歩まれる一助になれば、これ以上の甲斐はありません。


やけに暖かかったり突然冷え込んだり、気象の変化も激しいです。どうぞ、ご自愛ください。
たまには忙しさを手放して、苦労や悩みも手放して、少し一息するのもいいものです。
師走の忙しさはありますが、少し自分のために時間を使っていきましょう。自分に時間を使うのは、とても贅沢で良いものです。

年内にあとひとつ更新できればとおもっていますが、少し不確定なので、念のため。
少々早めですが、みなさま、よいお年を。