読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

周りの人への対応方法

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、自分を境界性人格障害ではないかと考えている人、そして回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。


さて、早速本題です。

ボダ被害はどれもこれも悪質なものが多いと私は考えています。突き抜けて酷いのは「価値観がおかしくなる」ことだと思いますが、その次を挙げるとすれば、「強烈な不信感が残る」ことだと思います。

「強烈な不信感」というものを考えるために、この不信感を整理してみましょう。これが今回のテーマです。

ひとつは、被害に遭った方、とりわけ共通の知り合いが多いなど「周囲の人が多い」環境で被害に遭った方は心当たりがあるかと思いますが、単純にボダが嘘を、しかも被害者に悪意のある嘘を周囲に撒き散らすことで発生します。
なお、「悪意のある嘘を」と書きましたが、「話す内容は悪意たっぷり」ですが、「ボダ自身に悪意があるとは限らない」ので注意が必要です。何に注意が必要かというと、本気でそう考えて吹聴している可能性があるという、ある意味「悪意がある方がまだマシ」だという点です。
ボダが本気で話すので少なからず信じてしまう人もいますし、その中の一部はあなたに対する評価を変えてきたり、親切にもあなたを諌めようとする人もでてきます。

ドライに考えていくなら、これに対する適切な対処は「それを信じた人も含めて疎遠にする」のが一番簡単です。残念ながらその人たちはあなたの味方足り得ません。ですが、もしその人たちがボダに徹底的に味方になるのだとしたら、あなたがボダと縁を切るチャンスをくれるかもしれません。(その場合、次の被害者はその人たちということを意味していますが。)
ですので、あなたが労力を割いて否定して説得するよりも、一方的にボダの話を信じる人として扱った方が遥かに益があります。

いやいや、そんなスルーできない内容だよ、こんなもの広められたら仕事クビになる、というレベルの内容の場合は、丁寧に否定(イコール、こまごまと説明をするのではなく単にそれは嘘だ、と指摘をするだけです。)をした後で「場合によってはこちらも対処を考えるので相手の言った内容が形として残っているならそれをもらいたい」と言っておくとよいでしょう。
片方の言い分に簡単に乗ってしまう人は、厄介なことは避けようとしますし、自分が関わって物事が展開することは避けようとします。でるところにでる、という態度を見せられればどちらにつくことも判断できなくなるでしょう。
相手との関係にもよりますが、ここでも一緒に疎遠にしてよい人であれば、ボダごと疎遠にしてしまうのがベストです。

悪手は、カウンターを繰り出してしまうことです。具体的にはこまごまと否定してさらにボダの悪質な行為を主張することです。
あなたの労力を費やす無駄が生まれ、なおかつ相手はあなたの説明が不足した部分を勝手に補完して余計な話の膨らみ方をしていきます。


ふたつめは、ボダが発信をしないことを原因に生まれる不信感です。具体的に、そして平たく書くなら「他の人には(タゲであるあなたにしでかしていた迷惑な行為の数々を)何もしないので、話をしてもまったく通じない、わかってもらえない」ということです。

あなたが心から思っていること、苦しいこと、非常に辛いことが周りに全く理解されないことは、残念ながらボダ被害では多々あります。
なぜなら、他の人はタゲではないからです。むしろ、ボダは(最初、あなたにもそうだったように)基本的に周りとの協調性やコミュニケーション能力は低くありません。低いとタゲを捕まえられないからです。

この場合、あなたにとって最善なのは黙って疎遠にすることです。
もちろん、これによってボダは被害者ぶるキッカケを掴んで、それこそ周りに吹聴して大いに被害者としての立場を謳歌し、加害者であるあなたにダメージを与えます。ですが、あなたは徹底的に相手にしてはいけません。誰がどう説得しようが、相手にしてはいけません。ここで説得してくる人は次のタゲになる可能性がある人だと思ってください。

あなたは加害者として扱われることについて、色々な感情を持つでしょう。
悲しいことに周りが敵だらけになったり、或いは罪悪感を持ったり、自信をなくしたり、理不尽さに悔しさや悲しさも持つでしょう。

にも関わらず私がこれを勧めるのは、なぜなら、あなたがこれから延々とボダに時間を費やすことの酷さをここで断ち切るべき最短かつ最善のルートだと思うからです。
あなたがこれから生活を滅茶苦茶にされたり、暴力的で一方的な脅しに曝されたり、人生を無駄にしてしまうよりも遥かにマシだからです。

あなたが縁を切る理由は、単にあなたがあなたの人生を大切にしたいからです。それは全く当たり前のことであり、なんの問題もありません。
それを誰かに諌められる理由もないし、諌めてくる人がもしいるのなら、「そう思うなら、あなたが相手をしてあげればいい」と言えばよいだけのことです。
あなたが万の言葉を尽くして説明する必要はなく、もし諌めてきた人がそれを実行したなら、もれなくあなたの選択の理由を知ることになるでしょう。
もしあなたに何も言わずにいたとしても、もはや役に立たないタゲであるあなたから、いずれは「あなたによって酷い目にあった」ことを糧に(身も蓋もない言い方をするならネタに)ボダは次のタゲを見つけます。

そして、あなたがもし疎遠にする理由を説明して受け止めて貰わなくてはいけない相手がいるのなら「どれだけ被害に遭っているか」ではなく、どうぞ「疎遠にする必要がある」ことを説明してください。相手にされたことではなく、自分が受けたダメージを説明してください。


そして、この説明或いは理由を受ける側の人にも一言だけ。
人は「縁を切る」決断をなかなかできるものではありません。縁とは人間が社会で生きていくためにはとても大切なものです。
それを口にする人がいるとしたら、とても重いことです。中には乱発する人も、もちろんいます。身近な例として、ボダは乱発します。
でも、そうでないなら、それは恐らく重大な決意で、尊重するべきものです。


何れにせよ、被害者は必ず悔しく悲しい気持ちになります。理不尽な理由で人間関係がおかしなことになり、そして自分が無為に決断をしなくてはいけないからです。

縁を切るのは(決断さえすれば)簡単です。しかし、繋ぐことは難しい。縁を作る作業は、即ち人生を積み上げる作業です。
それを理不尽に切ることが、悔しくないわけがない。悲しく思わないわけもない。

私もまた、かつてボダ被害の結果、疎遠になった人たちがいます。あれがなければ、と思うことも未だにあります。
が、新しい縁に恵まれてもいるので、目の前に広がる縁を大切にしています。そうやって、人は前に進んでいくものなのでしょう。


そろそろ今年も終わりが見えてきて、少し師走目がけて忙しくもなってきました。
みなさん、いかがお過ごしですか?周りの風景はいかがでしょうか。早々にイルミネーションが輝く街並みも現れていますね。

悔しさも悲しさも、ほんの少し置いといて、あなたの周りを見てみるのはよいことです。
景色はもちろん、あなたの周りの人たちはどうしていますか?
どうぞ、あなたが見るべきものはボダではなく、あなた自身、そしてあなたの周りの大切な人たちだと気がつきましょう。
ボダの言葉に右往左往するよりも、大切な人と過ごす時間を大切に。あなたが大切に思っていることを大切に。そして、あなた自身を大切に。

この記事であなたの心の整理がついて、あなたが前へ進むきっかけになれば幸いです。