読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

(雑談)ボダ気質だと私が考えた理由、及び少しのコメント返信

時事の話題 コメント返信
今回はいつものテンプレートはありません。
とある俳優一家の息子さんが年下の方と再婚をされたというニュースを見て、そういや離婚した元結婚相手の方はこれまた凄まじいボダ気質の方だったなぁ、などと懐かしく思い出したので、そんな話題です。
念のため、私は専門的な診断は下せないので、あくまでも雑談として読んでいただければと思います。


離婚騒動の時は完全プライベートなはずの音声データまで流出して大変だった記憶がありますが、私がこの元結婚相手を「ボダ気質がある」と考えるのはこんな理由です。

まず、特に離婚騒動以降、損得を超えた行動を取る点です。

ボダは自己を満足させるために、結果的に自分もダメージを受けるような行為や倫理観を超えた行為を時として行うことがあります。これは、感情や欲求が衝動的に高くなった時に、自身でも制御できないためでしょう。
大枠で語れば、離婚をしたくなく、なおかつ生活のレベルも落としたくないのであれば、彼女にとって「夫のイメージダウン」は避けるべき事象です。
ところが、その瞬間は本気で「世間が自分に味方する」と考えて音声を流出させますし、その瞬間は夫のイメージよりも試し行為を優先して公衆の場でのキスを求めたりします。
夫側にしてみれば、思考を混乱させられます。高額な生活費を要求されるのに、彼女の行動は自分の色々なものを脅かし、足を引っ張られるばかりです。

ふたつめに、相手の感情を徹底的に無視、ないし考慮の外にしてしまうところです。

その瞬間の自分の気持ち、自分の事に一杯になり、相手の感情を考えません。
居るはずのない場所に唐突に押しかけて相手を恐怖に陥れたとしても、自分が会いたくて一緒でないと不安であれば、そんなことは構いません。
裁判を起こされていても、相手が自分の仕事人生を投げ打つとしても離婚したいとまで悲壮感溢れた覚悟をしたとしても、自分は顔を見たかったと涙ぐみ、それが本当に周囲から支持を得ると考えます。部外者が側から見てもおかしいと思うような状況でも、本気でそう考えます。

そして最後に、酷く稚拙な捏造をする点です。ただし、稚拙過ぎて時々、部外者に通用してしまう、恐ろしい捏造でもあります。

流出した音声は、そもそも夫側が妻に暴行や暴言、平たく言うならDVをしていたと主張するためのものでしょう。
でも、これまた明らかに内容がおかしい。これを「自分でも無理があると思うが押し切る」つもりではなく、「自信を持ってDVと捉えてもらえると信じて出している」と(流出したことからも)推測できます。


あとは、蛇足として挙げるとすれば、夫側の主張です。仕事人生を賭して離婚したいなんて、並みのことではありません。
ぶっちゃけボダ被害者なら「ああ。」と思える言葉です。そう、それくらいの覚悟が必要だ。


以上の点から、私はこの元結婚相手はボダ気質のある人だと考えていますし、とても元夫である方は気の毒だと考えています。

まあ、どこからどんなパンチが飛んでくるかわかったものではありませんから、具体的には名を挙げません。
ともあれ、再婚されたことで、これからの人生を是非穏やかに、充実して過ごせることを願ってやみません。


ついでに、ではありませんが、相手がボダっぽいと初期に判断する方法や、初期の対応についてご質問が多いです。こちらについて平たい回答をさせていただきます。

あくまで素人の意見として総括的にお答えするなら、判断するにあたっては「つきあいの長さと距離感が非常にアンバランス」「やたらと二者だけの関係を求める」という2点は基本かなと思います。初期の対処については、ボダに対する特別な方法はありません。くどくて恐縮ですが、「あなたが想定している相手との距離感を異様に外れた詰め方をしてくる」相手には注意を払うべきです。あなたなら、この相手にこんな打ち明け話をするだろうか。あなたなら、この相手にこんなに賞賛をするだろうか。相手がどんな人だ、という部分ではなく、あくまでも親密度です。


さらにもうひとつ、幾度となく縁が切れないフェードアウトできないとコメントされてる方。個別の回答は普段控えているのですが、なんだか色々と伝わらないようなので、はっきり返答しておきます。

あなたの書いたことが確かなら、あなたはもう警察に相談してください。「こんなこと言われてノーなんて言えるわけがない」とのことですが、素人にして被害経験者にしか過ぎない私から言わせれば逆です。「こんなこと」言われたら全力で拒否ですよ。全力で証拠揃えて弁護士依頼して警察に通報して今後の一切の直接的なお付き合いはお断りです。じゅうぶんにそれをするべき内容です。

結果的にあなたの何かしら醜聞がバレるのだとしても、それはあなたが受け取るべき責任です。それ以上の理不尽なものを取らされる前に自分が取るべき責任があるとするなら、それについて覚悟はしておくべきでしょう。
あなたの問題点は、遠ざければ穏便にフェードアウトしてくれるかな、なんて未だに考えていることです。あなたが抱えてるのはただの爆弾ではなく、導火線の長さは不明だけど着火済の爆弾です。

ボダは幼稚だとよく言われていますが、決して幼児そのものではないんです。こちらが無視すれば無視されないように工夫はしてきます。その工夫が度を超えることもままあります。だから拒否には力が要るんです。

なぜ私がここまで厳しくそしてピンポイントに書くかと言うと、あなたは今、自暴自棄になりかけているからです。
自暴自棄になっている場合ではありません。そしてボダのために全力使って宥めるのではなく、あなたのために頭をフル回転させて算段をしてください。今こそ、全力で。

あなたが苦境を乗り越えられることを願います。


次回は通常の更新です。


なお、最後の最後になりましたが、そしてタイミングとしては酷く遅い感じですが、先だっての記録的な豪雨で被害を受けられた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
一日も早く日常を取り戻せますように。