読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

あなたが境界性人格障害者に付き合わなくていい理由、対処法

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。


さて、軽いコメント返信です。
過分なお礼をいただいています。ありがとうございます。このブログが一助となっているのであれば冥利につきますが、皆さんが前へ踏み出せたり、或いは決心なされたとしたら、それは皆さんの心の力に他なりません。


いただいたコメントから少しだけ抜粋させていただきますが、「ボダは忘れた頃にまたやってくる」というお言葉には、思わずクスッとしてしまいました。仰る通りです。

因みに忘れた頃にやってこられると、嫌な気分になりますが、だからと言ってその予感にとらわれるのも馬鹿馬鹿しいことです。事故に遭うかもしれないからといって、道を歩かない。…というわけにはいかないものですから。


では、今回も「道の歩き方」について考察をしてみたいと思います。本題です。

とにかく被害者が踏ん切りをつけられない理由は、繰り返しますが纏めればふたつに集約します。
ひとつは、自分が何をされるかわかったものではない、ということ。いまひとつは、自分の決断によってボダが自暴自棄な行為、平たく言うなら自殺未遂や自殺をしかねない、ということです。

前者については、あなたが自分の保身をしっかりとする気構えが必要です。
縁を切ると決めたのなら、しっかりと第三者に客観的に示せる経緯の説明のための資料を用意します。メールも、電話などの録音も。
そして、あなたに対するボダからのネガティブキャンペーンについては、ヘタに相手をしないことです。否定の意思を表明することは必要ですが、全力で反論したりしないことです。
これは、例えるなら浮気スクープされた芸能人が顔を真っ赤にして怒りの記者会見をする滑稽さ…のようなものを回避する意味合いもありますが、それよりも、反応をすればボダの相手をしてしまう、ということを回避することが主目的になります。
余りにあなたの社会的な信用を貶めるものであるなら、あなたが何かリアクションをするのではなく、専門家などを通して対応してください。
必ず、あなたが直接対峙をしないこと。


後者については、あなたの関われることではないのだ、と認識をしてください。
あなたは他人を自殺に仕向ける意図もなければそんな力もありません。あなたとの出来事がきっかけなのだとしても、自殺という手段を選択するのはボダ本人です。
冷たいようですが、真実として、誰かが誰かの命を奪う権利が常にないように、誰かが誰かの命を生かし続ける義務もまたないのです。
ですから、あなたは「死ね」と他者に告げてはいけませんし、同時に「生きてくれ」が届かなくても仕方がない。あなたにそんな力はないのです。

とはいえ、自殺を仄めかされたりする事実に変わりがあるわけではありません。
その時は、どうぞ消防なり警察なりに通報してください。
あなたに義務があるとすればこの社会的な部分です。通報して、あとは任せましょう。
どんなに不安でも、どんなに怖くても、それ以上にあなたには何もできませんし、あなたの生活を壊してまであなたひとりが孤独に支え続ける必要は皆無です。


そして、オマケです。
ボダは責任の転嫁がとても上手です。どうでもよいことから深刻なことまで「自分は悪くない。誰かが自分をこうなるように仕向けた」と常に考えているからです。
その入り口として最も簡易なものは、「あなたしかいない」です。なんでもいいです、例えば「あなたにしか私を助けられない」「あなた以外には何も思わない、あなただから私は安心していられる」など。本当になんでもいいのです。

そしてそこから始まる結果は、「あなたのせいで、私は窮地に陥った」です。これもなんでもいいです。「あなたは軽く考えていたかもしれないけど、あなたの安易な行為で私はどうしようもなくなった」「あなたに熱心にされたからやってみたけど最悪の結果になった。」など。

そして、「どうしてくれるんだ」と、あなたが悪の存在で罪悪感を持たなくてはいけない展開に持っていきます。

そんな時、大抵の人は自分を省みてどこが悪かったのか、或いは意図が違って伝わったのでは、と考えます。

ですが、忘れてはいけません。

あなたとの関係で、何かを選び何かを捨ててきたのはあなたではない。他ならぬボダ本人です。
あなたは他人を完全に操作することはできません。そんなことは不可能です。
そんなことを理由にしてキレているボダがもしあなたの前にいるのなら、それは違うと告げて、落ち着くまでは話をしないと打ち切りましょう。

屁理屈につきあってあなたの時間を無駄にはしませんように。


今回は久しぶりに厳しい書き方をしました。
常に大切なことは、ボダが何をするかではなく、あなたが何をしたいかです。
人間関係の基本です。


台風であちこち被害が出ています。
皆様が無事に過ごせていますように。