読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

被害のその後、ボダはあなたのことを考えているか。

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。

まず、本題に触れる前に、ひとつだけコメント返信です。

遅くなりましたが、謹んでお悔やみを申し上げます。詳細を書くことは「いただいたコメントを公開しない」自分ルールに反しますので書きませんが、今後のあなたの人生がただ穏やかであることを願います。

そして、こちらも遅くなりましたが、ご卒業おめでとうございます。やはり同上の理由で詳細は書きませんが、今後のあなたの人生が豊かであることを願います。

さて、前振りです。

最終的にどのような展開になったとしても、大抵の場合、ボダと「縁が切れる」時はぷつりと切れます。
それがこちらからの能動的なものであれ、ボダ側からの能動的なものであれ、まず緩やかに縁が薄くなるとか、なんとなく疎遠になるとか、静かに終わるということはありません。

突然ボダから縁切りを提示されたり(因みにあなたが縁を切りたいと思っているなら、これは大いに乗るべきです。)、こちらが縁切りを提示したり。唐突にボダが家を飛び出してどこかへ行ってしまったり、或いはあなたが行方を眩ませたり。突然会社を辞めたり、などもパターンとしてはあるでしょう。

いずれにせよ、以前にも書いたように、被害者には「突然」ボダに構わなくて良いという(これからもボダに食い尽くされる筈であった)膨大な時間と、価値を揺らされたことなどによる虚無感がやってきます。

時間を埋める作業は実のところ(まともに進むかどうかは別として)割と簡単にできます。もともと、あなたにも日常があるからです。
ところが、皆さんのコメントの多くを見ていると、いつまでも残ってしまうものがあるようです。

これが本題となります。
つまり、「いつかボダがその倫理をシカトした大暴挙を起こす行動力を以ってあなたに再び被害を与えようとしてくるのではないか」ということです。

実際、縁が切れた後のボダの気持ちは、正直ボダにしかわかりません。そして、すべてのボダが同じ行動をするなんてことはもちろんありえません。そもそも、縁が切れた時のつきあいの深さにも依存します。ですから、こればかりは私も「こうである」と断言することはできません。

しかしながら、ある程度の推理めいたものは可能です。少なくともそのための材料くらいならあります。

では、考えてみましょう。

まず、今現在のあなたとは全く無関係に、ボダは常にタゲを探しています。いえ、「探している」というよりも、「求めている」感覚かもしれません。自分の不安を、或いは不安定さを埋めるために必要なのです。

ボダと縁を切ってほどなく、「何事もなかったかのように」ボダが再び関わりを求めてくることがありますが、これはタゲを探す行為の一環と言えるでしょう。
「まだあなたはボダの不安を埋められるに足るかもしれない」とボダが考えれば、以前の騒動を忘れたかのように連絡をしてきますし、「自分がこのように不安な状態に置かれているのはあなたのせいだ」と考えれば、今までの経緯などなかったかのように当然の権利としてあなたを責めようと連絡をしてきます。

もちろん、あなたは困惑するでしょう。場合によっては、「もしかしてボダが反省をして、これからは関係が好転するかも」などと考えてしまうかもしれません。(ですが、クドいようですが、このタイミングではあなたは断固として縁を切り続けるべきです。)

では、その期間を過ぎたら?

もしかしたら意外に思うかもしれませんが、あなたが思い悩むほどにボダは思い悩みません。なぜなら、あなたが考えるほどボダには余裕はないですし、あなたもご存知の通り、ボダの考え方は二値的だからです。

何度も繰り返しますが、ボダが誰かをサンドバッグにするのは、趣味でも趣向でも遊興からくるものでもありません。そうしなくては自己が立ち行かないからです。例え話の使い回しになりますが、瀕死で餌を探す状態です。あなたという獲物がまだ食べられるか、もう食べられなくなったのか、悠長に考えている暇はありません。そして白黒をつけなくては済まない以上、曖昧なままで保留にもしておけません。

ですから、ボダは次のタゲを探します。
事実、被害に遭ったことがある方、被害を垣間見たことがある方のうち、少なくない人が感じます。「あんなに自分を、周りを振り回したのに、ボダは全く被害を受けてる様子もなく、いつも通りのままでいて、そしてもう次のタゲを捕まえている。」

これは、言い換えれば「さっき食事をしたばかりなのに、もう次の食事をしようとしている」ということです。もちろん「食事された側」から見ると噴飯ものですが、裏返せば、被害が終わればもはやあなたはボダにとってはどうでもよくなるのです。

もちろん、実際に被害者は食べられてなくなるわけではありませんから、再びボダの意識の範囲に入った時は、きちんと遠ざけないといけません。
例えば、全く関わりを絶ったある日、ボダが「突然あなたのことを思い出す」などの意味不明な理由であなたに関わりを持とうとしたら?
そうです、第三者に丸投げしてください。丸投げするまでもないことは、捨て置いてください。いずれにせよ、徹底的に関わってはいけません。

つまり、この程度のことです。
あなたが考えるほど、ボダはあなたのことを考えていない。これはあなた自身もご存知でしょう。
関係が終わったのなら、尚更です。


これが、私の推測です。

縁が切れた後にも、被害者は悩み続けます。もしかしたら、もしかしたら、と考え続けます。
そのせいで人との付き合いも億劫になりますし、何よりボダがまたこちらに来るのではないかと考えてしまいます。
そして、自分でもそんな自分を嫌になりますし、情けなくもなるでしょう。

ですが、どうぞ少し別の視点を持ってみてください。そんなあなたは、ボダと縁を切ることができた。
よく頑張られました。
どれだけ理不尽に耐えたか。どれだけ踏み堪えたか。どれだけ痛みを堪えたか。
罵倒されたり、非難されたり、そんな痛みも痛みですが、それよりも、信じていた何かを打ち壊された、支えようとしていた気持ちを打ち砕かれた、助けたいと必死に頑張っていた心を無為にされた、それらの方が余程痛かったでしょう。
よく頑張られました。

ですから、自分が痛いと感じている気持ちを、不安だと考えている気持ちを置き去りにしてはいけません。

ボダが「今どう思っているか」は確かに気になります。気になって仕方ないことでしょう。でも、それよりもどうぞ、自分の気持ちに向き合ってください。ボダの気持ちを考えるのではなく、あなたの気持ちこそ考えましょう。遥かに大切なことです。

あなたの心と頭の整理に役立つことを願います。少しでも早く、被害を受けた方が、前を向けることを願います。