読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

「穏便に」が足枷になる理由

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

 

 
境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。
 
 
さて、本題の前振りです。
 
このブログに辿り着く方の大多数は、被害に遭われた方です。どうしてよいのかわからず途方に暮れていたり、なぜなのかと重く解決もしない疑問を抱え続けていたり、そして今も抜け出せずに苦しんでいらっしゃいます。
 
もちろん、今まで書いてきた記事も、そういった方々に向けたものです。方向性としては、被害を受けていることに気がつく、或いは心の整理がつくことを目指しています。
 
ですが、今回の記事では少し目指すベクトルを変えて書いてみようと思います。具体的には、かなりストレートで厳しい書き方をします。
 
では、本題です。
 
被害を受けていて、耐えきれなくなりつつ方の多くが、「なんとかして抜け出せないだろうか」だと思います。もう少しこれを具体的に書くと、「なんとかして『穏便に』抜け出せないだろうか」です。
 
実は、これは被害から抜け出すための大いなる足枷であり、同時にあなたが被害を受け続けてしまう原因です。はっきり言うなら、穏便を目指しているうちは抜け出すことは難しい。
 
少し紐解いてみましょう。
 
そもそも「穏便である」ということはどういうことでしょうか。
ボダ本人に負の感情を抱かせることなく縁を切ることができたら、穏便ですか?
ボダが周囲になにひとつ被害を撒き散らすこともなく縁を切ることができたら、穏便ですか?
あなたとの絶縁に例えばボダが死を選んだとしても、あなたに平穏が戻れば穏便ですか?
 
少しあなたの「穏便」を考えてみてください。
そして、裏返してみましょう。
 
裏返せば、それはあなたが被害を断ち切るにあたっての足枷になります。
 
ボダ本人が負の感情を抱くことなく縁を切る、それがあなたの望みであれば、あなたが少しでも縁を切る素振りを見せたら、ボダは負の感情を爆発させればいいのです。
周囲に被害を撒き散らさないことをあなたが望むのなら、ボダは周囲に被害を撒き散らせばあなたと縁を切らずに済みます。
ボダが死を選ぶのが嫌なのであれば、ボダは別れ話を持ち出すあなたの目の前で刃物を自分に押し当てるでしょう。
 
さらに、考えを進めましょう。
どうしてボダはそこまでするのでしょうか。あなたが嫌いだから?憎いから?好きで別れたくないから?都合が良くて手放せないから?
 
どれも違います。
そうしなくては、立ち行かないからです。なんとしてもあなたを繋ぎ止めるのは、そうしなくては自己を保てなくてどうしようもないからです。
 
つまり、あなたが望んでいることは(それがどんなものであれ)例えるならこういうことなのです。
空腹で今にも餓死を迎えそうな肉食獣に噛みつかれた草食獣。その草食獣がこう言います。「他にも食べるものはたくさんある」「なんとか、そこの果物を食べるだけで済ませてくれ」「いずれ天寿をまっとうすれば、そのあとは食べてくれても構わない」。
無理です。どれも、到底呑めません。
 
 
では、あなたは嘆いて諦めるしかないのでしょうか。
 
それに対しても、私は違います、と返します。縁を切ることを諦める必要はないし、被害を黙って受ける必要もない、ましてや人生を諦める必要なんて皆無です。
 
必要なものはみっつです。
 
ひとつは、覚悟です。
あなたがあなたのために動くという覚悟です。別の面から見るなら、ボダを捨てる覚悟であり、あなたでは目の前のボダをどうにもしてあげられないと認める覚悟です。
 
平たく言うのなら、あなたの選択でボダがどんなことをしても、何をしてきても、例え死んでも、あなたはもうなにひとつ関わらない。
関わりを持ち込もうとする周囲にすら、あなたは「二度と関わらない」姿勢を貫かなくてはいけません。
あなたに誹謗のような評価を与えてくる人がいたとしても、あなたの選択を非難してくる輩がいたとしても、覚悟を決めて関わってはいけません。
あなた自身は、あなたが抱えているものでできています。ボダが求めるものでできていないし、周りの評価で構成されてもいない。そんな曖昧なもののために、あなたは自己を裏切っては、断じてならない。
 
ふたつめは、客観的な評価と判断です。
もしもあなたが不倫などの社会通念的に不適切な関係をボダと持っていたのなら、それは社会的常識範囲の責任を取るべきです。
ただし、ひとつ勘違いをしないでください。これは私が倫理観に煩いから述べているわけではありません。
あなたは、常識的に妥当な責任を取る、或いは罰を受ける必要はありますが、それ以上は何も負う必要はない、と言っているのです。
それを明らかにするために、負うべきものは負わなくてはいけない。
 
何もそのような条件がなくても、ボダ被害は大変なのです。その上、うまいことやろうなんて、平たく言いますが無理です。
 
最後は、欲を持たないことです。
ここで凌いだらまた穏やかになるかも?時間を置けば元通りになれるかも?
ばっさり行きますが、ありえません。
あなたでは、だめなんです。あなたが欲を抱えてまた元に戻れば、またボダは不安を抱えてあなたに被害を与えます。
この、最後の必要は、本当に必要です。あなたがそんなブレ方をしたのなら、もうあなたは本当に加害者になる。選択が一方通行であることを認識し、戻ることはかなわない、それをしっかり認識してください。
 
 
そして、実のところ、あなたがこの必要を満たすことができた時が、実は縁を切る早道です。
大変厳しい書き方をしていますが、あなたは逃げなくてはいけない。二度と絡まれないように。それは、あなたにとって大切ですし、ボダにとっても大切です。
 
 
なぜ最後の事が特に必要なのかというと、大抵は皆さん、「特に出会って暫くの間は本当にボダは良い人だった」と少なからず考えているのです。
すごく気が合って楽しい時間を過ごした。すごく尊敬できた。すごくついていきたい人だと思った。すごく助けてあげたい人だった。
 
そう思う理由はあります。
もちろん、ちゃんとあります。
ですが、この記事では触れません。
大事なのは、もはやそれは過去のもので、二度とこないもの、ということです。
 
だから、覚悟を決めて腹を括って逃げなさい。あなたがそうしなくては、と考えたのは間違いではない。
稀にボダはそのあと自死をしますが、それはもうあなたがどうこうできるものではなく、だからあなたのせいではありえないのです。
でも、ほとんどはあなたの受けた傷や被害を横目に、さっさと次のタゲに向かいます、これも事実ですし、その時にあなたはそれはもはや関わってはいけない。
 
穏便が無理な理由はわかっていただけたでしょうか。
中途半端な穏便を目指すことで、被害はいつまでも続きます。
あなたの未来を本当に穏便にするのなら、今の穏便なんか刹那的に求めてはいけない、ということです。
 
皆さんが少しでも早く、よい日常を感じられるようになるのを祈っています。
今が苦しくても、あなたの覚悟ひとつで切り抜けられる。切り抜けた後に見えるものは、荒れ地のような周りの環境や人間関係かもしれませんが、決して地獄ではありません。
 
あなたが覚悟に迷うのなら、どうぞ記事を読んでください。このブログの記事が少しでもお役に立てることを願っています。
 
最後に。
すごい猛暑日が続いています。
みなさん、身体をご自愛ください。
 
次の記事は、さほど間をあけずに書く予定です。