読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

被害者に寄り添い、巻き込まれていた方へ

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。

さて、今回の記事は、特に「直接的には被害を受けていないが、被害者の周りで被害の影響を受けつつ見守っている方々」に向けて記事を書こうと思います。

というのも、最近少し立て続けにその立場の方々からコメントをいただいたためです。
私は被害者ですので、その立場について全て慮ることはできませんし、むしろそういった方々には頭が上がらない立場です。ですが、経験から考察したことを書いていきたいと思います。

では本題です。

被害者はボダから日常的に(特に精神面で)大きく振り回されています。もしかしたら振り落とされかねない高速の乗り物に乗っているようなもので、被害が長ければ長いほど、心身両面で余裕がなくなっていきます。
ところがそんな真っ只中においても、被害者には「(制御できるとは言えないまでも)自身が関わっている」出来事です。

一方で、その被害の影響を受けながらも周りで傍観せざるを得ない方々は、ただ翻弄されてしまいます。
被害者には言葉も届かず、手助けをするにもどうしてよいかもわからず、ストレスを訴えれば被害者に「責めないで欲しい」と言われます。心身共に疲弊してボダばかりを気にかけているその様子は、被害者とあなたとの絆が深くてもつい関係を見直そうという気にもなります。

基本的にボダ被害というものは、破綻をして終わります。逆に言えば、被害者が振る舞いを慎重にし続けていて、それが功を奏する間は終わりません。
途中からは被害者自身も終わらせてしまいたいはずですが、その時には「破綻すればダメージは免れがたい」状況にもなっていて、被害者は自分の意志にすら反して関係を継続しているでしょう。

どうしてそうなってしまうのか、については、別の記事に多々書いていますのでこの記事では省略します。

もしかしたら、そのような状況の中、被害者本人ではないあなたが、幾度となく被害者に強い言葉をぶつけたかもしれません。
繰り返しますが、基本的にボダ被害は、破綻して終わります。それまでも長らく振り回されていた被害者は、ここでさらに追い打ちのダメージを受け、ようやく終わってみれば、酷く落ち込んだ被害者と疲れきったあなたがいるのかもしれません。その時、あなたはきっと酷く後悔して、自分が何か被害者に酷いことをしたのではないか、自分に落ち度があったのかと考えてしまうかもしれません。

ですから、あなたに一言申し上げます。
あなたは何も悪くない。
被害者に被害を与えたのはボダです。あなたは被害者と一緒に被害を受けていたに過ぎません。あなたもまた、よく耐えられました。

どうぞ、ご自身を責めないでください。
被害者は、特に状況が悪化すると沈黙しがちです。それは状況を説明する言葉が見つからないからであり、同時に巻き込みたくないからだと思います。
私も巻き込みたくありませんでした。
それは全く見当外れな考え方で、そばに居てくれる人を蔑ろにしてしまっています。ですが、その時は巻き込むことがとにかく恐ろしく、その見当外れに縋るしかなかったのだと思います。

そんな状態なのに、隣に居てくれる。
それは、とても心の支えになっていたはずです。疎遠になるか縁が切れるか、そんな心細さを抱えた中で、あなたが立ち去らずにいたことは、大きな支えになっていたはずです。
どうぞ、あなたは自分を責めず、むしろ誇らしく思ってください。


もう少しだけ、大事な事を書きます。
もしもボダと被害者の関係の中で、客観的に被害者に落ち度があるのであれば、破綻して以降は特にそれを淡々と片付けていかなくてはいけません。

例えば不倫であるなら、相手がボダであっても一般的なケリの付け方はしていく必要があります。
被害者はとにかく逃げるチャンスなのですから避けたがるでしょうが、どうぞばっさりと弁護士などに任せて「一般的な処置」をしてください。そうしなければ、破綻した後もズルズルとこじれ続けます。
注意点としては、第三者を挟むこと。
身内などではなく、きっちりと弁護士などの他人に任せてください。
傾向としてボダは他者が入り込むと逃げたり引いたりすることがほとんどです。
ですから、それが一番の早道です。

そして「一般的な処置」は、私では素人過ぎて明快な事は言えません。どうぞ、然るべき第三者を立ててください。

私からお話できるのはこれだけです。


被害者には、あなたという支えがありますが、あなたには明快に支えになる人はきっと少ないことでしょう。
どうぞ、せめてあなたはあなたのことを誉めてください。本当に、隣にいただけで、例え喧嘩をしていたとしても、険悪になっていたとしても、被害者にとっては支えになっていたのですから。

よい人生を目指していきましょう。
あなたと、あなたの大切な人たちが穏やかな日々を送れることを願います。


最後に、軽いコメント返信です。

破綻した後のボダの行動は、こちらにターゲットが明確に向かない限りにおいては、見ないことをおすすめします。

もちろん、何が起こってるのか不安でたまらないかもしれませんね。ですから何があるのかを書いておきます。

ボダは(何度も書きますが)常にタゲを探します。今まで得た知識や経験から、動員できるものは全て使い、相手は誰でもよいので、今までタゲになった人が再びタゲになることを企図したり、これからタゲにできそうな人を物色したりします。これは、ボダが自身に向き合わない限りはずっと続きます。
ですから、ある意味、「想定の範囲内の行動」に過ぎません。
一度大きく破綻した場合は、単にこちら側が再びかまわなければ、そのままボダの中では「ネタとして使える人」になっていきます。
例えば次のタゲに、自分がどれだけ理不尽な扱いをされたかを説明するために使われたりもします。
でも、もはやそれはこちら側に実害がなければどうでもいいことです。
新しいタゲが見つかれば一気に忘れ去られることもありますし、そうでなければしつこくネタとして使われますが、そんなものをチェックしても何の利益もありません。

ですから、もう見るのはやめましょう。
あなたと被害者にとっての嵐は過ぎ去りました。
次のあるかどうかも判らない嵐のために怯える必要はありません。
万が一、嵐が再び近づいてきたら、その時は他人を介して淡々とすれば大丈夫です。

どうぞ、ボダなんかに構わず、よい時間を重ねていきましょう。