読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

被害から逃げた時に起こること

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。また、私はあなたの事を知りませんし、知らない人に対して個別に記事を書いたりはしません。つまり、ここにはあなたのことは何も書かれていません。どうぞ、読まずに他のサイトへ移動してください。


では、本題への導入です。

このブログでは「ボダからは逃げましょう」ということを推奨しています。できれば出会わないに越したことはないのですが、ボダは関係が浅いうちには社交性があることが多く、だいたいの方はつきあいが深くなってから「おかしい」と感じ始めます。
ですから、「逃げる」という選択肢を忘れないことは、とても大切です。

ところが、被害に遭う人たちは、なかなか逃げようと行動を起こさないという現実があります。
その理由は以前の記事にも様々書きましたが、要約すれば
・自分が手を差し伸べねばボダが立ち行かなくなると考え、自分はボダの問題を解決する立場であると思い込んでいる。
・自分だけがボダを救えるととにかく信じ切っている。
・逃げるという行為をしたらボダにどのような報復を受けるか、その怖さから逃げることが無理だと思っている。
・逃げることによって自分の生活基盤が破綻してしまう、故に逃げる選択肢をとることができない。
ということになります。

基本的にボダの要求は右肩上がりです。ペースはさておき、応え続けるといつかは応えられない状況に達します。あなたがタゲられた場合、あなたがよほどきっちりと線引きをしなければ必ず被害を受けることになります。
ですから、あなたは自分が流されていると感じたら、できるだけ早くその状況から逃げなくてはいけません。
逃げずに我慢をしていれば過ぎる嵐ではないと自覚をしてください。

ところで、逃げた後には、何が起こるのか。ここからが本題です。
おおよそ、あなたが逃げたいと感じている時期にはこんな状況が起こっているでしょう。
・あなたは八方塞がりを感じています。周囲を地雷に囲まれたように方向を見定めることが困難です。何をしたらボダの逆鱗に触れるかわからないため、あなたの日常生活に不自由を感じます。
・周りは早く縁を切った方がよい、なぜ縁を切らないのかと言ってくる人、逆にあなたがボダに酷いことをしていると非難をしてくる人が増えていることでしょう。どちらでもない人は疎遠になっています。
・あなたの悪い評判が流れ始めています。あなたは加害者で、ボダは被害者です。あなたは新しい交流を持つことに億劫になっているでしょう。
・あなたは暇ではありません。日々、ボダの面倒をみることで手一杯です。ボダが話す庇護欲を煽る話も、不幸な話もなにひとつ解決の兆しはありません。むしろあなたが手を尽くしても酷い状況になっていることが多いでしょう。

そして、あなたが決断をすると、こんなことになります。
・ボダが徹底して被害者になります。あなたこそが被害者であると理解をする人が多数派になるパターンは少ないです。周囲も何かしら被害を受けているなどの条件が必要になります。
・あなたに直接的ないし間接的にダメージを与えてきます。あなたの社会的な信用を貶めようとしたり、あなたの日常生活を破綻させようとしてきます。
・あなたに本気で喰らい下がり、謝罪と罵倒を繰り返します。その中には死を仄めかす内容も混ざります。
・あなたにコンタクトがない場合は、ボダの周囲に対してあなたがボダにどれだけ被害を与えたかを、捏造を混じえて吹聴しています。
・時間を置いて、何もなかったかのように或いは些細な喧嘩の後のように、普通の連絡をしてきます。
・何かしらあなたに絡む理由があれば、全て用いてあなたとの接点を復活させようとしてきます。

とはいえ、あなたが縁を切る決断をしたのであれば、それはいつか収まっていくものです。どんな事象も新鮮味がなくなれば他人の口の端にあがらなくなるものです。
少なくとも、これは皆さん思うことでしょう。
・解放されます。あなたの時間が全てきちんとあなたのものになります。
これは、とても大切なことです。

何が起こるかわからないから怖い、被害で弱った人の心理としては当然です。
あなたが区切りをつけることで、強い圧力のような悪意や困難がぶつけられるかもしれませんが、それは少なくとも「被害を受け続けるよりも価値がある」事象です。なぜなら、いつか終息するからです。

縁を切れと言われる、自分だってそうした方がよいとわかってる。
被害を受けた方は、どこかでこう思うタイミングがあります。必ずあります。

でも、周りがどれだけ客観的に言っても届かない時はあります。
逃げられる時は、つまり、あなたがあなたを見捨てないと決めた時です。あなたは、あなたを誰かのために見捨ててはいけない。どうぞ、ご自身のためにこそ、あなたは今一度、あなたの味方になってください。

ボダ被害は、時間が経てば経つほど重くなっていきます。
努力が成果を挙げるように、怠慢が未来を狭めるように、時間の経過というものは人にとって、とても重い。

あなたがあなたを見捨てることも、また時間の積み重ねで重くなっていくものです。どうぞ、あなたが今ボダに向けている心の力を自分にこそ使ってください。

よい人生に向かいましょう。

最後に。

繰り返しますが、私は特にボダになんの感慨もありません。
被害を受けている人が逃げることも自由であるように、境界性パーソナリティー障害の人がどのように生きるかもまた自由でしょう。つまり、私ごときが他人に向かって「何かをするな」など全く考えていませんし、主張もしません。
冒頭にも書いたように、ここには良い情報は何もなく、きっと他のサイトによい情報があるので、そちらを訪ねられてはいかがでしょう。

ただ、自分に向き合って寛解を目指している方には、心からよい人生が訪れることを心から願っています。