読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

もしかしたら、と希望を捨てずに苦しんでいる方に

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。読まずに他のサイトへ移動してください。

さて、本題です。

幾度となく他の記事でも書きましたが、ボダの被害者は、ようやく被害から抜け出せた後にも苦しみ続けることが多いです。理由は、ずっと持たされ続けた罪悪感を捨てきれないことであったり、あるいは報復されたり再び絡まれるのではないかという恐怖であったり、もしくは失った時間や人間関係、変わってしまった自分を感じて復讐をしたいということであったり、そうではなくても被害を受けてしまった理由を考えてしまうことであったり、もしかしたらもう一度話をしたら、今度は良い関係を築けるのかもしれないという希望であったりします。

特に最後に挙げた、もしかしたらやり直せるのかもしれない、という希望。
ボダと恋愛の関係にあったり、パートナーであったりすると、つい考えてしまいがちです。
また、関係が切れたとしても、ボダは往々にしてタゲがまたタゲとして使えるかどうかを探るために、平然と連絡をしてきます。その時には穏やかだったりすると、つい希望が叶うのではと考えてしまいがちです。

ですので、今回は希望を捨てきれずに苦悩をしている方に向けて記事を書いておこうと思います。

残念ながら、その希望はほぼかないません。絶対とは言いませんが、既に結論が出ているのです。その結論は、あなたが一番身にしみてご存知でしょう。

境界性パーソナリティー障害は、専門家でも対処の難しい、そして本人に強い意志がなければ治療の困難な病気です。
周囲の協力も必要で、長い時間もかかると言われています。

ですが、ボダがただタゲを求め続けていて、そしてきっちりと線を引くことができなかったあなたである以上、やり直せる可能性は少なく、元の木阿弥になる可能性は大きいのです。

ボダは平気で嘘をつきます。しかし、どんなボダであっても、たったひとつ、自身の苦しみに対して常に正直で真剣であるということが言えます。
その一点に嘘がないので、それが時折魅惑的に思えますし、ひきつけられたりもします。その一点を満たしたいために賞賛をされたりすれば、嘘がないので心を動かされることもあるでしょう。

ですが、あなたが再び関わりを持ちたいと願うのであれば、あなたは二度とボダの被害から逃れられないかもしれず、それはあなたのみならず、ボダもまたひたすら苦しいだけの人生を歩むかもしれないことを、覚悟しなくてはいけません。
あなたが被害に遭い続ける限り、ボダもまた加害者であり続けます。ただし、ボダも加害者になることを望んでいるわけではないのです。ボダは単に必死に自身の感情を満たしたいだけなのです。

以前の記事で書きました。縁を切った以上、あなたにできることは翻意しないこと、それが最後の誠意であると。
あなたが被害から逃れたということは、ボダにとっても加害から逃れるチャンスを得たということです。
その機会は大切にするべきです。つまり、お互いに二度と関係を持とうとしない方が良い、ということです。

…と書くと、なんだかとても綺麗に思えますが、実際はそんなに綺麗に考える必要はなかったりもします。
(これがなによりあなたには残念に思えるでしょうが)ボダは本当にあなたである必要がないので、あなたとの縁が切れたなら普通に次のタゲを捕まえます。あなたに連絡がもし来るのなら、それは残念なことに反省したからではなく、タゲが不足しているだけのことです。

また、ボダに関係なく一般的に言えることですが、人は「すべて無駄なものだった」ことを認めるのは苦しいです。
よく「負けたけど、次につながる経験になった」「残念な結果だが、手応えは掴んだ」みたいな考え方がありますが、まあ事実だとは思いますが、要するに「やってきたことは何かしら無駄ではなかった」と人は考えたがるのです。
ですが、今回に限ってはそんなことは考えてはいけません。苦しいですが、無駄なものは無駄なのです。そこにさらに時間や心を費やしても、なんともならないのです。

いや、そんなことわかってるけど、やっぱり考えてしまう。それもまた普通のことですね。やむを得ません。
ですが、もしよろしければ、ちょっとボダから思考を離して、次のことを考えてみてください。

今日の天気はいかがですか?晴れてますか?雨でしょうか。暑いですか?寒いですか?
では、周囲を、外をみてください。花は咲いてるでしょうか。木が見えますか?葉っぱは緑色でしょうか。剪定されていたりしますか?
以前に、そういったものに注目したのはいつでしょうか。季節が変わるほど前でしょうか。それとも、一巡りしてたりしますか?

あなたの周りの人は、今どうしていますか?心配かけたりしていませんか?
随分連絡がご無沙汰になっている人もいるかもしれませんね。一度疎遠になるとなかなか戻らないものですし、もしかしたら億劫な気分ですから、連絡をとりにくいかもですね。でも、どうしてるかな、くらいにちらっと考えてみましょう。

あなたの好きなことや、趣味はなんでしょうか。今、流行ってる歌やドラマ、話題の芸能人。もしかしたら、知らないうちにマイナーだった人がブレイクしてるかもしれません。好きな作家や映画監督はいますか?

たくさん、あなたの周囲のことを考えてみてください。
そもそも、ボダと出会う以前、あなたの周りにはボダしか居なかったわけではありません。

考えてみたら、思っていたより時間が経ってることに気がつくかもしれませんし、のんびりと考えられる時間があることに気がつくかもしれませんね。
いずれにせよ、今はあなたの自由にしてよい時間であり、あなたが再び前に歩き始めるための時間です。

どうぞ、あなたが本当に前に歩んでいけるように、気をしっかりと持ってがんばってください。
二度とボダにつかまらないこと、そしてあなたがあなたのこれからの人生を豊かに生きていけるように、祈っています。