読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

境界性人格障害者との決別、べし・べからず。

境界性人格障害
最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。読まずに他のサイトへ移動してください。

最初に、ご心配をおかけしたようで、コメントで多々ご意見やお言葉をいただきました。
特にこのブログ、ご覧の通りの更新頻度で、とりたてて閉鎖する予定や負担に思ったりなどはございません。
たまに草稿をいじっては、文として体裁が立った(ように思える)ものを更新していますし、基本的には(訪問される方々と)一期一会の記事だとも思っていますから、前の記事と重なる内容も多くなっています。
今後もゆるりとした更新頻度で続けていこうと考えています。一意見として読んでいただければ、幸いです。

では、本題です。

被害者の方がボダと離れる決断をした時に、そしてその決断を実行している時に、必要となることと不必要なことをまとめてみたいと思います。

前回の記事で「ボダを人として見ていない」ような事を書きましたが、実際にはボダは感情や思考の揺れ幅がとても大きい人です。
期待をすれば無条件にその期待をすべて被害者に自分勝手にぶつけ、裏切りを感じたら隠すことなくその憤りを被害者にぶつける。
理解に苦しむレベルの全幅の信頼と依存、その代償としての嵐のような誹謗中傷行為。
これがボダの行動の根っこにあると考えてください。

ですので、あなたが離れると決めたのであれば、あなたはブレてはいけません。
被害に遭って弱った心を奮い立たせ、鬼にする覚悟を決めてください。その瞬間から、あなたの精神力をボダに使うのではなく、あなた自身のために使う、ということです。

ボダは自らの作り上げた環境を守るために、あらゆる手段を用います。
それは、あなたへの心の底からの謝罪であったり、謝意を示すための行動であったりします。すべてその瞬間は本気です。
或いは、あなたを社会的に抹殺するための捏造した情報の拡散だったり、あなたの精神力を削るための激しい攻撃だったりもします。すべてその瞬間は本意気です。ボダ自身の損得や倫理をも越えるそれは、容赦はありません。

いずれにせよ、あなたがどれだけ不本意に思ったとしても、穏便に静かに収束することを期待するべきではありません。そのような期待は捨ててください。

そしてボダの謝罪などに対して、猶予を与えるような行為はするべきではありません。
赦す条件が存在するかのような振る舞いをしたり、ボダの一方的な赦しを得るための行為を受け入れてはいけません。
例えば性行為を赦しを得るための行為として示す傾向にあるなら、物理的に距離をおきましょう。
例えば自傷行為で引き止める傾向があるのなら、仄めかした段階で他者に対応を丸投げします。それはボダの親族でも、警察や消防でも構いません。くれぐれも、自身が対応してはいけません。
あなたが猶予を与えたり、或いは赦しを受け入れるような余地を見せるのは、ある意味ボダの試し行為に類似してしまいます。ボダは試し行為を頻繁にします。それは効果があると信じているからです。あなたが同じような行為をすると、ボダはあなたが翻意する可能性があると解釈してしまいます。そして、あなたが諦めれば必ず元の木阿弥です。だから、決断をひっくり返してはいけません。
翻意しないことは、とても重圧に感じるでしょう。ですが、これこそが最も必要であり、あなたが示せる最後の誠意であり、最終的には決別する一番の早道なのです。

そして、最大限、自己を防衛するために尽力しなくてはいけません。周囲や必要な相手に客観的に説得力のある証拠、情報をきちっと保全しなくてはいけません。
そして、他者に説明をしなくてはいけなくなった場合には、ボダへの批判を控えることです。このブログを読まれているのであれば、ほぼ例外なく甚大な被害を受けていることでしょう。その状態では、批判や悪口を始めてしまうと止まりません。
あなたが自己を守るためには、客観的に判断できる材料を元に、ボダの流言は嘘である、と示すことが必要なのです。ボダの被害は大抵ドラマチック過ぎて、それが事実でも信じがたいものでしかありません。ですから「ただ説明しただけでは足りないし、まるであなたが被害妄想を述べているように見える」のです。

また同時に、あなたはボダが最初の頃はとても好印象だったことを忘れてはいけません。その印象は、あなただけが持っているものではないのです。そして、その印象だけを持ち続けている人は必ずいます。
あなた自身に当てはめて考えてみましょう。知り合った最初の頃に、第三者からあなたが受けた被害をただただ語られたらどう思いますか?
もう少し踏み込めば、特に恋愛関係にある場合にありがちですが、かつてボダは以前の恋人について不誠実であるとか、暴力的であるとか、そういったネガティブなことを話しませんでしたか?そして、それを信じませんでしたか?今となっては明白でしょう、あなたが信じてなぐさめたそれらの話は、嘘なのです。今はあなたが周囲にひどく言われているのです。
この視点は、自己防衛のためにとても大切です。

そして、ボダだけではなく、必要であれば周囲の人との絶縁も厭わない気持ちが必要です。
特にボダに肩入れしている人たちは、その態度が変わらないのであれば、ボダ本人よりも長くあなたに絡んでくる可能性があります。
なぜなら、そういった人たちもまた被害者であったり、被害者の予備軍であったりする可能性があるからです。あなたをボダに寄せておくことで、被害が軽減している可能性があります。つまりその人たちの行動もまた自己防衛の一環であり、あなたとは利害が相容れないのです。

そして最後に、あなたは自己を防衛するために、なりふり構わずすべての力を用いるべきですが、目的を見失わないようにしてください。
目的は、あなたがボダと決別することです。ボダを酷い目に遭わせることではありません。
あなたは攻撃的になるべきではないのです。目的を違えてしまいますし、何よりあなたが攻撃的になると、ボダは自由自在に被害者ぶることができてしまいます。なんの利もないのです。
しかしながら、決して引いてはいけません。あなたは主張するべきことはきちっと主張し、あなたのために選択を続けるのです。妥協してはいけません。決断をした瞬間から、あなたは「自分が我慢すればとりあえず場をしのげる」という行為をしてはいけなくなったのです。


ここまで、ものものしく「べし・べからず」的なことを書いてきましたが、つまり「嫌なことをしてくる人の相手をしなくていいんですよ」ということです。緊張せずに、できれば淡々とやっていけたらベストだと思います。

離れる決断は、決して悪いことではありません。むしろ、意外に思われるかもしれませんが、ボダにとっても良いことだと私は思います。
あなたという他者に、ボダ自身もコントロールできない形で被害を与え続けるような行為を止めさせるのですから。


被害を受けている方には、この上さらに精神力が必要である、というのはしんどいことですね。
しかし、いつでも忘れないでください。あなたの人生に一番親身なのはあなた自身ですし、あなたはあなたを守っていいのです。
どうか、自分のために頑張ってください。よい人生を歩みましょう。