読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

境界性人格障害者から受けた被害からの立ち直りについて

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語ではBorderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語でボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。読まずに他のサイトへ移動してください。


本題の前に、またコメントへのぼんやりとした返信をさせていただきます。

個別ケースの相談へは、残念ですが私ではお力になれません。すみません。
ただ、あなたは考え始めました。よいことです。あなたのために、あなたが動くべきタイミングなのかもしれません。
今一度、勇気を出してご相談下さった内容を、カウンセリングなどを利用して言葉にして、整理をつけるとよいかもしれません。心療内科であれば、費用も高額にはなりません。心を動かしましょう。
私はなんの手助けもできませんが、あなたがあなたのために生きられることを願ってます。

このブログをきっかけに、関係を断った、気が楽になった、という、このブログの目的としては冥利に尽きるコメントもいただきました。ありがとうございます。どうぞ、これからもっとよい人生を歩まれてください。

境界性パーソナリティー障害を患われている方からもいくつかコメントをいただきました。いずれもご自身の病気に向かい合っていらっしゃる方のようにお見受けいたしました。
離れた被害者への最大の謝意をもし表す方法があるのなら(私の個人的な経験からの感想ですが)二度と関わらないことです。病状がよくなることをお祈りしています。


さて、本題です。
そういったコメントの中で、気になる内容がありました。
ボダへの憎しみが衝動的に湧き上がり、ともすればその命に手をかけてやりたい衝動にかられる。それが何度も繰り返し続いて、自分がいつまでも立ち直れる気がしない。
そういった類のコメントです。

被害者は被害から逃れた後も、その被害の後遺症に苦しめられます。
時間が経てば経つほど、記憶が洗われていき、そしてまた思考力が回復するために、その記憶(過去の経験)を吟味してしまうのです。

自己嫌悪、疑問、不信感、責任転嫁、衝動、色々な感情もまたわき起こります。
経験上、一番良いのは書いたり話したりして、記憶を整理することだと思います。

書くのはひとりでもできます。話すことが得意ではない方には、まずは書いて整理をすることをお勧めします。
話すことは聞き手となる相手がいなくてはできません。あくまでも個人的には、ですが、信頼できる友人や身内などよりは、心療内科などのカウンセリングを受けて話すことをお勧めします。

なぜ、友人や身内ではなくカウンセリングなのか、私が感じた理由を書きます。
信頼できる友人、信頼できる身内の人たちであっても、被害者が受けた経験を理解することは難しいからです。
被害者であるあなたが、最初はなんら疑うこともなかったように、通常、人はある程度、人間関係に良心というものが存在すると無意識に信じています。

例えてみます。
AさんとBさんがいたとしましょう。BさんがAさんを何かしらの予定に誘ったとします。Aさんは都合が合わないので断ります。そこには社交的な交渉があり、結果Bさんが諦めるのが普通です。
ですが、ここで引き下がらずにAさんの予定をぶち壊すのが、境界性人格障害者Bさんでしょう。その方法は尋常ではなく、Aさんの予定はおろか、Aさんの生活を振り回す勢いで暴れます。
さて、この話をAさんが信頼できる人であるCさんに話したとします。きちんと話が通じた上で、AさんもまたCさんから信頼されている関係であれば、それは大変だったね、と労われるでしょう。
ですが、こういった類の話はAさんとBさんの間には大量にあります。Aさんは、話すネタに困ることはありません。どれだけでもBさんの非道な横暴について語ることができます。
すると、Cさんは無意識にでも思うでしょう。「Bさんがそういった行動をとるのは、何か理由があるのでは?」と。
Bさんに理由があり、だからこそAさんにそのような行為を繰り返す。これは、Cさんが一般的な思考回路をもって、Bさんに良心が存在すると無意識に考えるからです。かつてAさんがそうであったように、CさんもまたBさんの行為を「完全に自己中心的な他者操作のための行為」だとは夢にも思わないのです。

そして、CさんはAさんに言います。それは早く縁を切った方がいいよ。嫌なことは嫌だとちゃんと言った方がいいよ。なんでそんな振り回されてるの?はっきりした態度をとれないAさんにも問題があるのでは?…と。

確かに表面的に見たら、人間関係は切るか切らないかの二択しかありません。それができない時は、何か理由があるのです。被害に遭っていない他者から見れば、人間関係を切ることは究極的には容易いのです。しかし、それをできなくするのが境界性人格障害者です。その選択肢を奪われるから被害者は被害を受け続けるのです。

こうして、被害者は被害中に多々孤立を感じますが、被害の後にも孤立を感じがちです。
ただ、もちろんCさんには悪意はありません。それほどに境界性人格障害者からの被害は捉えにくいものなのです。

ですから、可能であれば専門的知識がある上で聞き手となってくれるカウンセリングをお勧めします。
もちろんこれもまた人間関係ですから、どうしても合う・合わないはありますが、きっと普通に第三者に話すよりは良いのではないか、と思います。

最後に。

あなたは怒ってもよいです。
泣いてもいいし、殺意を持つほど憎しみを覚えてもいいのです。
まず、そう思ってしまう自分を赦しましょう。なぜなら、それほどの被害をあなたは受けました。負の感情を覚えるのは仕方ないことです。あなたはなんら間違っていません。

ただし、思うだけにしましょう。
あなたは、もうボダにかまってはいけません。あなたには、あなたの人生を歩むという大事な役目があるからです。構う暇などありません。

しかしながら、復讐はしましょう。

ボダにとって何が一番復讐になるのかは、被害に遭われた方は心当たることだと思います。
それは、ボダにまったくお構いなしに、よい人生を歩むことです。「あんなに酷い目にあわせたのにも関わらずよい人生を歩むあなた」を知った時こそ、ボダは心の底から惨めさを覚えて絶望します。もっとも、その頃にはあなたにとってボダなどどうでも良い存在になっているでしょうけども。

その他の復讐方法はありません。
あなたの時間が無駄になるだけです。

ボダはあなたがボダを憎んだり、酷い目に遭わせてやろうと構うことを栄養にします。あなたがまだ相手をしてくれる、好きなだけサンドバッグにして、好きなだけ加害者扱いをできる。喜びます。
馬鹿馬鹿しい限りです。


長い時間がかかります。
受けた傷は酷いものです。
何ヶ月も、何年も、そしておそらくは一生、その怒りは続きます。
ただ、いつか、怒りを覚えることも馬鹿馬鹿しいと思える時は来ます。思い出すと怒りを覚えますが、思い出すことが時間の無駄だと思えるようになります。
信頼できる友人と、ボダの話をするよりももっとよい話をしたくなる時もきます。

どうぞ、あなたの人生をよりよくしてください。
あなたが少しでも早く、立ち直れるように願います。