読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボダ被害に遭わない、逃げ切るためのブログ

境界性人格障害者から被害を受けている方のためのブログです。

境界性人格障害者から受けた被害とは

最初に、このブログは境界性人格障害、最近では境界性パーソナリティー障害、英語では
Borderline Personality Disorderと呼ばれることから略称としてBPD、転じて日本語で
ボーダーライン、或いは略してボダと呼ばれる病気の被害に遭われた、または遭われている方に向けて書いています。

境界性人格障害の人や、回復を目指している境界性人格障害の人、及びその回復を支える人にはなんら有用な情報はありません。むしろ有害である可能性もあります。読まずに他のサイトへ行ってください。

このように書くのは、単なるエクスキューズであると同時に、境界性人格障害の特徴のひとつである、被害者になりたがる思考を忌避しているためです。
このブログは特定の人物を名指しで非難する目的では書かれていません。つまり、あなたのことを私は何も知りませんし、わざわざ知らない人についての何かを挙げて書いたりもしません。ですから、ここを読んで自分が名指しされたかのような反応をしてしまいそうであれば、読むべきではありません。

ちなみに、このように書いても、ボダはこちらを非難する材料にしてきます。
つまり、他のサイトと言ってもボダに向けたサイトは少ない、どこに行けというのだ、と。
そんなもの知ったことではありません。好きなとこに行けばいいのです。「他のサイト」は別段ボダ向けのサイトを示唆していません。

前回までの記事で、ボダ被害に遭ったら逃げるのが最善であること、そして次善策は一緒に病気に向き合うことではなく、明快につきあいを拒否をすること、さらには予防策としてボダに狙われやすい人の傾向を書きました。

実際にはあなたを困らせている相手がボダなのかどうか、あなたには判断をする術はありませんし、専門家である医師その他の方々にしても、非常に境界性人格障害は診断しにくい、なおかつ治療しにくいやっかいな病気です。

ですから、相手がボダかもしれない?と思った時には、安全策として距離を置いてみることを勧めます。
先に書いたように、診断的なものはとても素人にはできませんが、シンプルに推測する方法はあります。
つまり、相手の立場に立つのです。相手の現在の立場にあなたが居たら、こんな話をするだろうか。おおよそ通常ではない、ドラマのような虐待の話や、大して見知らぬ人に手放しの賞賛を、恋愛感情を、信頼を与えるだろうか。
あなたの物差しは正常です。あなたならあなたという知り合い程度の関係の人に話さないだろうと思えるような話ばかりする相手は警戒をするべきなのです。


さて、今回は、ボダからの被害を受けた被害者のその後を書いてみます。ボダが素人にはどれほど危険なのか、伝わるとよいと思いますし、被害者の周りの方にとって何かしら判断の助けになることを願います。


被害は、実生活でも大きなものになりますし、被害者の精神面においても大きなものになります。

もともと近所のおかしな人、ネットで絡んできた、程度の関係であれば精神的な整理はつけやすいものですが、境界性人格障害者は依存を狙って人の心の深くまで押しかけてくるので、軽度で済むことは稀だと考えた方がいいでしょう。

親友だったり、恋人あるいは配偶者であったり、会社の同僚だったり、交友関係で切りにくい間柄、特に肉親だったりした場合は、被害者のダメージは深刻です。

今回は被害者のその後の影響について、特に社会的な面ではない方向、精神的な面を書いていこうと思います。

ひとつめ。
思考の変化が被害によってもたらされます。自虐的、或いは自罰や強い罪悪感が長く残ります。
快活だった人が常にネガティブな思考になったり、社交的な人が交流に対して消極的になったりなど。

誰でも、目の前の人を無条件に信頼するなんてことはしませんが、ある程度の許容値は持っています。
障りのない会話をしてみた結果、或いは自分が信頼している人の紹介だから、などの様々な理由で、目の前の人に与信をして、自分と相手の現在の立場などを考慮した上での判断が行われ、結果、初対面であっても交流が持たれます。

しかし被害者は、この構築に自信がなくなります。
既存の物差しが壊れた感じになりますし、自分の価値がわからなくなるため、結果的に新規の交流を敬遠します。
また、既存の交流についても壊されているパターンが多いため、修復が必要だったりもしますが、ここでも壊れた物差しと価値観により、修復をすることに消極的になります。

ふたつめ。
他者に責任転嫁を求める感情も強くなります。いわゆる、ボダ被害者のボダ化です。ボダに責任転嫁され続けた結果、思考に歪みが生じます。
精神病は伝染するものではありませんが、ボダは他人の思考を歪める力があります。ボダが仲間を増やすように見えるのは、これが原因です。

力がある、と書きましたが、これは特別なことではありません。
人は誰でも他者に影響を与え、他者の影響を受けます。
例えば偉人や有名人の立ち居振る舞い、発言を真似したり、模倣したり、規範にすることは、誰でもすることです。人が社会性を維持して、向上を目指す上で必要な行為とも言えます。
他にも、政治的に主張をして受け入れられ、支持を得ようとする行為は、積極的に他者に影響を与えようとする行為とも言えますね。
人は他人に影響を与え、与えられるものなのです。

では、何が問題なのか。
影響を与え、与えられることは人の自然な行為ですが、ボダは自己が生きやすくなるために、悪意なく、しかし意図的に行動します。
繰り返します。悪意はありません。そして必死です。ただ、その思考には、善悪や倫理観が欠けていることが多いです。
なにより一番の問題は、このボダの行為は相手のことなど何も考慮していないということです。
ボダが生きやすければ、相手の社会的な背景や感情はどうでもよいのです。

わかりやすい例をあげましょう。

ボダが話をしたければ、相手が結果として予定が潰れようが、会社をクビになろうが、立場が悪くなろうが関係ありません。ボダは会話をしたいのでします。相手が都合を合わせられない様子であれば不機嫌になり、罪悪感を持たせます。

ボダが恋愛を望んでいるのなら、ボダ自身以外の人間と被害者の関係など構いません。ボダ以外の人との会話は雑音であり、被害者のボダに対する裏切りです。
被害者と異性が話してるのは嫌、被害者がボダを放置して同性と楽しそうに話してるのは嫌、被害者がボダよりも肉親の話を聞いているのはボダを蔑ろにしている、そんな無茶苦茶な理由でボダは被害者を責めたて、罪悪感を植え付けます。
結果、被害者の交友関係や家族関係が壊れても、ボダはなんら構いません。むしろよい状況です。

何度も言いますが、そこに悪意はありません。
被害者が異議を唱えれば、ボダは正当な主張をしているだけなので、ボダとしては自身は被害者になり、相手を糾弾し、非難して、やっぱり被害者に罪悪感を植え付けます。

これらの行為が長く反復されればされるほど、被害者は精神的にダメージを受けて、思考に歪みが生じます。

暫くの間は他罰感情を抱え、しかし自分こそが他罰感情の被害者でもあるために、感情の折り合いがつかず、場合によっては近しい間柄の人に他罰感情からくる感情をぶつけるなどしてしまい、その行為や思考に苦しみます。

では、これらの影響は永続的なものなのでしょうか。
いいえ、ボダが強い意志を持たなければ治療できないように、被害者もまた、本来持っている自身の価値観を本当に消し去ることは難しいのです。

被害者はボダ被害に遭ったために、一時的に思考に歪みが生じます。しかし、一時的です。
被害から逃れれば、時間を経て戻ることは可能でしょう。そこに必要なのは、ボダに出会う前の自分をしっかり思い出す行為のように思います。

みっつめ。最後に。
ボダからもたらされるものは、罪悪感を始めとした抑圧感だけではありません。
必ず、初期の頃に受けた賞賛そして大きな信頼があり、その後に手酷く扱われ、裏切られるプロセスがあります。

日常から飛んだ、まるでドラマのような体験は、被害者の感覚を狂わせるでしょう。
さらに時間が経てば、人間の記憶は淘汰されます。良い部分が強調され、酷い部分はぼんやりとします。
そして、その記憶を整理しようとします。
整理するために、人間は理由をつけようとします。理由があったから、何かが起こったのだと自身を納得させる、そのための理由を考えようとするのです。

しかし、ボダには理由なんかありません。
正確には、被害者を納得させるような理由はありません。

敢えて納得させるものを捻り出すとすれば、ボダ自身の都合です。
ボダに都合が良いから、被害者は賞賛され信頼を与えられた。都合が良くなくなったから、罵倒され裏切られた。
被害者のことなどほんの少しも考慮してないボダに、いかなるものを求めても、無駄です。

これもまた、被害者を苦しめます。
理由がないことは、認めるのは苦しいことです。
例えば、道端で通りすがりに殴られた。なんの理由もなく。
理不尽を感じますよね。
では、理由もなく、反論もできず、長きに渡って殴られ続けた場合は?
想像したくもないでしょう。

立ち直るためには、長い時間が必要です。
必要なのは、自分を取り戻す気持ちと、二度とボダに遭わないための強い意思です。
よい思い出に引きずられることもなく、被害者は被害者の周りにいる、普通の人たちを大事にしましょう。
その人たちは、あなたのことをボダよりも遥かに慮ってくれています。

被害の深刻さ、併せて境界性人格障害に関わることの怖さが伝われば良いと思います。